2006年2月15日 (水)

タネツケバナ(種浸花)

タネツケバナのロゼット つかの間の暖かさに誘われて、ビオトープに行ってみた。
そこで見つけたタネツケバナのロゼット。

タネツケバナ・・・(種浸花) アブラナ科 タネツケバナ属 Cardamine flexuosa 水辺や湿地に群生する2年草(越年草)

タネツケバナは、ナズナによく似た花を咲かせる2年草。
タネツケとは、種もみ米を水に浸けて、苗代の準備をする頃咲く花ということから付いた名で、稲作と密接な関係がある名前である。
無論、水田まわりでよく見かける花であったが、近年nancy家界隈のあぜ道では外来種の「ミチタネツケバナ」がほとんどなので、カテゴリーでは湿地、及び水辺とした。

タネツケバナ タネツケバナのロゼット葉は、本当に可愛らしいと思う。
※奇数羽状複葉で、形が丸っこくて、なんかこう、小さなミトンが二つくっついたような感じ。

※羽状複葉(うじょうふくよう)…小葉が羽根のように葉軸の両側に付いて、一つの葉を形成しているもの(ハゼノキなど) 頂小葉が1枚だと奇数になる。
(ちなみに、タネツケバナの葉は、通常の羽状複葉とは若干様子が違っていることから、羽状に分裂した単葉という見方もある。)

さて、タネツケバナに似た花には、前述の「ミチタネツケバナ」という外来種があるが、これがまったくよく似ている。
「ミチ」と付くように、タネツケバナよりも若干乾燥した場所に分布するのだが、両者混在している場合もあり、見わけるのにはちょっぴり苦労するのだ。
もちろんいくつかの相違点が、あるにはある。

ミチタネツケバナの小葉はほとんど切れ込まない。つまり、上に書いた「ミトン」の指の部分が明確でなく、小葉全体がもっとなだらかに丸い。
また、タネツケバナは茎に毛が生えているが、ミチタネツケバナは無毛である。

タネツケバナの花 タネツケバナは、秋に芽吹いた芽がこうしてロゼット状態で冬を越し、春に花を咲かせる越年草だが、気の早い花はどこにでもいるものだ。
この写真の花など、すでに長角果と呼ばれる※さく果もつけている。
この長角果のつき方にもミチタネツケバナとの違いがあって、タネツケバナの長角果は、真横(写真では、茎に対してほぼ垂直)に張り出すイメージだ。
一方ミチタネツケバナの長角果は、茎に添い、上の方向に向かってつく。
※さく果:ホウセンカのように縦に裂けて種をまき散らすもの

3月並の気温の中、タネツケバナを見ていたら一気に春の気分にもなったが、またまた寒さがぶり返してくる模様だ。
つかの間とは言え暖かさを知った身には、また堪える寒さになるのだろうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 3日 (日)

蓮の池

kodaihasu01土曜恒例、いつものように泳いだ後、蓮の様子を見に行った。

7月初旬に咲くという蓮の花… 古代蓮だろうか。
ただし、古代と言うよりは、巨大という感じ。本当に大きい。
大きな葉になると、nancyと背比べをしそうなほどである。

ハス・・・(蓮) スイレン科 Nelumbo nucifera

朝から降りそうな気配であったけど、生憎、着く前から雨が降り出して、どんどん本降りになっていく。
しかたがない、ミルクがどろどろになるのは覚悟の上、傘を差して歩いた。

蓮池は、どろどろの沼と化して、もはや数え切れないほどの蓮が群生していた。回りを囲む山の緑が目にやさしい。

行ったのが3時過ぎだったので、咲いている花は無く、つぼみばかりであったのだが、雨のお陰でおもしろい光景を見ることができた。

kodaihasu_mizutamaの葉は水をよくはじく。雨水が葉に落ちるとはじかれて、ころころと転がり1つの大きな塊になっていく。その水の塊が葉っぱの耐えきれる量を超えると、葉が傾いてばさ~っと貯まった水を放出するのである。なにせ一枚が4~50cmはあろうかという葉っぱである。それがあちらこちらから、ばさ~っ、ばさ~っなのだから、これは豪勢だ。最初何の音かと思った。

kodaihasu03さて、なぜ古代蓮と呼ぶのか・・・?というか、ここの蓮が古代蓮なのかどうかすら、さだかでないのだが、なんでも古代ハスの研究者、東京大学農学部の大賀一郎教授が、1951年に、弥生時代の地層から3つの蓮の実を発見し、そのうちの1つを発芽させたという話から、古代蓮と呼ばれるらしい。なんと2000年も前の蓮の実が生きていたというのだから、これはもう、ただただびっくりするほかはない。
現在、日本中で古代蓮と言われる蓮が見られるのだが、果たしてこの時の蓮の子孫であるのかどうか・・・

何はともあれ、蓮の花はなんとも神秘的である。再度出掛けて、是非とも開花した花を見てみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年6月11日 (土)

ゆでたまごみたい・・・ ヒツジグサ

ヒツジグサ朝から、まるでお決まりのように雨。
時折強く降ることもあるが、おおかた、梅雨らしいしとしと雨だ。

しとしとじめじめ…と嫌がっているばかりでも仕方ないので、ここは思い切って水辺の植物。

このお花、見た途端に出た言葉が、「ゆでたまごみたい~!」であった。ちょうど半熟のね…、良い頃加減の茹で上がり!塩をぱらりとふりかけて食べたぁい!(笑)

冗談はさておき、このお花は、ヒツジグサ。スイレンの仲間である。

ヒツジグサ・・・未草 Nymphaea tetragona Georgi スイレン科 スイレン属

あれ?漢字で「未草」?メェメェの羊ではないの?
そう、この花は、午後2時頃に咲くから、「未草」と言うのである。(実際は、水温に左右されたりするので、早起きさんもお寝坊さんもいるらしい)

未の刻・・・って、まるで時代劇みたいな言い方。それもそのはず、このヒツジグサは、スイレン科で唯一、日本に自生するお花なのだ。びっくりでしょ?逆に言うと、俗に言うスイレン=睡蓮は、やっぱり外国からきた花なのである。
自生種の、いかに希少であることか…。

水の中から顔を出したゆでたまご。ぼちぼち未の刻なのをを知ってか、ますます美しくほころんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年5月22日 (日)

梅雨のよう… キショウブの花

kishoubu 今日は、市民緑地の記念式典に出席した。

nancyの居住区の話だが、せっかく自然が豊かな田舎でありながら、実は親子で自由に憩える緑地も無い。そこで、妙にに人間の手が入った後、放置されていた小山(と言ってもかなり広い)の片隅を、市民緑地として蘇らせようと言う試みである。

kishoubu02奥まで歩いたら、果たして水場(農業用水からの流れだろうか?)があり、小さな湿原になっていた。キショウブが、野生化して咲いていた。

キショウブはヨーロッパ原産で明治時代に渡来したが、順応性が高いようで、湿地やビオトープでは、おなじみの花になっている。

キショウブ・・・キショウブ(黄菖蒲)  アヤメ科 Iris pseudoacorus

今日は、しとしとと雨が降り続き、蒸し暑さまで加わって、まるで梅雨時のような陽気になったが、傘越しに見る黄色い花が、目に鮮やかだった。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年5月12日 (木)

コウホネの花

昨日、せっかくビオトープに行きながら、カメラを忘れて行ってしまい、大変悔しい思いをしたので、娘が学校から帰ってくるのを待って、再挑戦してきた。

kohone02昨日の投稿、携帯画像のコウホネの花も、機嫌良く撮られてくれると、こんな感じ。
なんだかひと味ちがうじゃない。ほんと、行った甲斐があったって感じである。

スイレン科のコウホネは、水の中から首をす~っと伸ばして黄色い花を咲かせる。
河骨と書くが、根茎が肥大して白く、ごつごつと節まであって、まるでのように見えるからだそうだ。薄暗い湿地でそんなものを見たら、きっと卒倒しそうに恐いに違いない。とは言うものの、この根茎が漢方薬になるそうで、中国では妊婦への贈り物なのだそうだから、やっぱり見た目でものを判断してはいけない。(笑)

花弁のように見えるのは、実は萼片。その中に、本当の花がたくさん隠れている。よく見ると、花と言うよりも、なんだか和菓子のようだ。

そう思ったら、ぐ~っとお腹が鳴った。
ビオトープを出た後、思わず一番近いコンビニに立ち寄った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)