2005年8月13日 (土)

オオイヌタデ ~ 気持ちよく泳ぐ…

オオイヌタデ オオイヌタデの花。河原・・・というよりも、水のない「川底」で咲いていた。

オオイヌタデ・・・(大犬蓼) タデ科 タデ属 Polygonum lapathifolium

もっと小さいのはイヌタデ。アカマンマと言った方が通りが良い。“イヌ”が名に付くのは、総じて「役に立たないもの」の意。実ってゴマみたいに食べられれば、“イヌ”も取れるものを。

現代では“イヌ”は役に立たないどころか、ペット業界大躍進のお犬様々である。なんと、100円均一の店にまで、犬の服が並んでいた。頼むから犬に洋服を着せるのだけはやめて欲しいのだが、着せられる方の迷惑を別にすれば、洋服を着た犬は確かに可愛い。

おっと、すっかり話が逸れてしまった。久しぶりに泳ぎの話をしたい。
昨年の春、nancyは突然原因不明で寝たきり同然になった。半年後にカイロ・プラクティックと出会って以来、だんだんと動けるようになり、リハビリを兼ねて秋から歩き始めた山で、自然と出会い魅せられて今日に至るのだが、その前は歩くよりも泳ぐ方が何百倍も好きだった。
遅いなりにもマスターズ大会に出ては、自己ベスト更新するのが何よりも楽しみだったし、水の中での自分が好きだった。

しかし、プールに行けるようになってからも、「気持ちよく泳ぐ」ということができずにいた。寝たきりになったことから身体が相当硬くなり、思うように泳げなくなってしまったのだ。なので、25mのコースを前に、どうにも気が重くなってしまうのである。
娘のSSにかこつけて週に1度は泳いでいたのだが、なかなか2年前の自分を取り戻せずにいた。

それが、最近になってようやく…水の上を心地良く滑るようなイメージで泳げるようになってきた。
今日はウォーキングを挟みながら、フリー(クロール)とブレスト(平)のコンビで、200mと300m、計500mを泳いだ。プールにいたのはわずか30分にも満たないが、身体も心も満足できた。ようやく…ようやく…である。本来の自分が戻ってきた感覚…である。

いずれはまた、喉が渇くように泳ぎたいと欲するようになるのだろうか…。欲張りが芽を出して、またぞろ速さも欲しくなっていくのだろうか・・・
ま、 それも自然な流れに任せていきたいと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月26日 (日)

足が攣った…

gakuajisai02ガクアジサイが美しい。
梅雨なれば、もう少し陰った色調になるところだが、このところのドピーカン天気である。雨を待っている表情なのが見て取れる。

さて、昨日に引き続き泳いだ。
身体をこわして以来、二日連ちゃんで泳ぐのは今日で2回目、それも二日続けて娘と泳ぐだなんて、2年近くなかったのではないか。

さて、昨日から不運に見舞われ続けていた。
1つは玄関のクワガタ夫婦が手に手を取って?脱走を謀り、いまだに行方知れずなこと。靴の中にでも潜んでいたらと思うと、おちおち気軽に靴も履けない。

もう一つが、泳いでいる最中に、右足が攣ってしまったことだった。しまった!と思ったら後の祭り、何とも説明しにくいあの感覚が襲ってくる。
ま、足が攣っても、慌てなければ溺れたりはせず、泳いでいられそうだったのだが、足の攣ったプールから我が家までは、あと1時間弱は運転しなければならない。そう思って温泉で暖めたが、なかなか痛みが引かず、それこそ「こむら返り」という言葉の通り、変な具合に足がそっくり返ってしまうのには閉口した。

右足は、私にとっては「悪い方の足」だ。昨年襲った、寝たきりになるほどの身体の変調も、右足を中心に起こった。まだまだ血行が悪いのか、寝ている体勢などによっては攣りそうになることがある。

そもそも、中1の娘相手に、むきになってダッシュをしたから、筋肉もひぇ~っ!とびっくりして攣ったのだろう。その前に200mほど泳いだからと言っても、まったりと流して泳いだだけでは、筋肉はほぐれていなかったのだ。

今日になっても、ふくらはぎがちょっとばかり痛い。さすがに今日は、あまり負荷が掛かるような泳ぎは控えた。
まったくの不注意であり、相変わらず年甲斐のないことをしたと、大いに反省!である。しょぼん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月15日 (土)

久しぶりに…

冷え込みも緩み、暖かい朝を迎えた。空を見ればどんより曇りだ。
土曜の午前中は「まったりひと泳ぎ」だが、まずは100mほどをストレッチしながら踵(かかと)やつま先で歩いた。踵で歩くと、ハムストリングス(大腿部裏あたりの筋肉総称)が伸びるので、座骨神経痛の人にはとてもgoodだそうだ。
さて泳ぎの方。先週はフリー(クロール)が50mでへばってしまう状態になったが、ここはあまり深く考えずに、気楽に歩くように泳いでみた。普通、競泳のフリーは、(乱暴に言えば)1本の線上を泳ぐと言うのだが、それをあえて2本線上を歩く気持ちで泳ぐのだ。すると、速さは出ないが、身体が安定して楽に泳げるようになる。
効果の程はと言うと、前回の50m病が嘘のよう、のっけの1本目から100m楽に泳げたのだから、不思議である。ところがすぐに欲が出て、プル(手のかき)やキックがどうの、と考えたりするものだから、とたんにへばる泳ぎ方になる。
逆に言うと、鍛錬が目的なら、やっぱりスイミング・スクールで教えて貰うとおりに泳ぐべきだし、まじめにビート板でバタ足を何本もやるべきなのだ。nancyの今の段階は、とにかく焦らずぼちぼちと、少しずつ元の泳力に戻すことだから、今日ものんびりと500mを泳いで、気持ちよくクラブを後にした。
カゼクサ…うまく見れないかも… クリックしてね午後にはぱらぱらと雨が降り出したが、なんだかとても暖かいので、河原に行って30分ほどぶらぶらと歩く。さすがに天候不良で写真がうまく撮れなかったので、今日はハサミを持って行って植物採集をすることにした。もちろん、取ったのは嫌われ者の雑草ばかりなのでご安心あれ。
写真はカゼクサ(風草)。イネ科の植物だが、細くて華奢な風体が、ススキと共に河原によく似合う。既に自然のドライフラワーになっていた。その名の通り、いつもそよそよと風に揺れていて、写真を撮ろうとしてもなかなか上手い具合に撮れず、秋には悔しい思いをさせられた。案の定、持ってきて室内で撮ってもうまく撮れない。いろいろな場所で撮って、ようやくましになったのがこの写真なのだ。(涙!) これは要再チャレンジである。絶対にリベンジしなくっちゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月12日 (水)

収集品より・・・

カステラ1番♪どうも変なものを集める癖がある。何かのおまけなど、売っていない物には特に弱い。
この文明堂のクマ君は、うちの親が娘宛に送ってくれた貯金箱だが、懐かしくてちゃっかりgetしてしまった。(笑)…ご存じ、クマ君たちが横に並んでフレンチ・カンカンを踊るCMである。ちなみに現在も放映中らしい。
※ご存じない方は、こちら・・・文明堂豆劇場
東京から離れて久しいが、このCMをはじめ、小学校の頃から口ずさむほど親しんだメガネ店のCMなど、意外と地方では見れないものが多い。当然、娘は知る由もないので、このクマ君に関しても、所有権はまったく主張しなかった。ラッキーである。
思い出の中のクマ君たちは、なぜか縦にノイズの入った白黒画面なのが、妙におかしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 4日 (火)

ビーズの三毛猫

三毛猫の親子久しぶりにビーズをやった。
私は何かにはまると、どっぷりと熱中するが、ひとたび冷めると見向きもしなくなってしまう。ビーズに関しては、2年ほど前にマイブームとなり、その後パタリとやらなくなったが、娘はぼちぼちと続けていた。そして今夏、またはまりだしたのだが、今回のブームは「動物モチーフ」である。
この三毛猫は、子猫の方は3mビーズを使って私が作り、娘が4mビーズで親猫を作った。とても小さいので撮影が難しかしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月25日 (土)

泳いで、登って、投げて、夜はカニしゃぶ!

Merry Christmas!
今日も、プリウスのぷりちゃんは、この言葉で迎えてくれた。さすがに今朝は冷静に受け止めることができた。(笑)
さて、娘はサンタさんからのプレゼントをgetし、イブの夜は無事に終わった。
例年12月25日ともなれば、ずいぶんとせわしなくしているのだが、今年は身体を壊したこともあり、努めてのんびりと過ごしている。
で、今日のメニューのトップは水泳であるが、水曜に泳いだときは、全然泳げなくて、いささかしぼんだ。が、今日はプールが空いていたこともあって、気ままに50mを10本ほど泳ぎ、精神的にはずいぶんと満足した。12月11日にも書いたが、50m単位で泳ぐようになると、今度は身体が50mで止まるように覚えてくる。まぁいい。今度は100m泳げばいいのだ。・・・そう都合良く行くか?(笑)
さて、スイミング・クラブへ行く途中のこと、ふと空を見ると、なんと澄み切った空だろう!(この写真は午後なので、雲が出てます)
おまけに、ほんの少しだけ頭を白くした山が、まるで写真を貼り付けたようにくっきりと映えているのである。「銭湯の絵みたいだ…」と、思わずつぶやくが、娘には当然意味がわからない。(笑)まるでパノラマ!
こんな風景、今まで何度も見ただろうに、山に行くようになってからは見え方がぐっと違う。だめだ!こんな日に行かなくて、いったいいつ行くのだ!とうとうがまんできなくなった。(笑)

家に戻って家事をざっとこなし、おにぎりをこしらえてカメラのバッテリーをチェックする。さぁ、山へ、山へ!午後になると雲も出てきて、だいぶかすんできた。仕方がない。暖かすぎるのだ。今日はいつもとルートを変え、展望台を目指した。
先日の寒波で、山は一段と姿を変えていた。木々の間から、つばきの花一輪を覗くつばき一輪
今日の収穫は、フリスビーができるような広場を見つけたこと。私たちがフリスビーを始めると、ミルクはとことこと離れて一人遊びを始める。一度ディスクが彼女の頭をかすめて以来、すっかりフリスビーが苦手になってしまったのだ。彼女をフリスビー犬にする夢は、もうあきらめよう。

さて、いつもは「今日の夜は何を食べようかなぁ?」と悩むのだが、友人である北海道のCOMYUさんに頼んでいたカニが届き、今夜は思わぬカニしゃぶ鍋になった。食べ応えのある量と、さすがのお味に大満足!今日も、いい日だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月11日 (土)

泳いだ!投げた!登った!

毎週土曜は、娘のスイミングの日。
どうせ送っていくのだから、待ってるよりは泳ごうと、こちらは隣のクラブで泳いでいる。
今年は春から、身体の故障でまったく泳げなかった。
泳ぐどころか、一時は寝たきりを余儀なくされたし、こうして泳げる様になるなんて、一時は想像もできなかった。

ただし、泳ぎを再開したものの、当然泳力はなかなか戻らない。
なにせ、ターンが恐くて出来ない。身体をひねることができないのだ。
25m泳いでは止まる。その繰り返しで、次第に500mほど泳ぐようになった。しかし今度は25m以上は泳げないのではないかという不安がつきまとうようになった。25mで止まることを、身体が覚えてしまっているのである。

このところの山歩きで、持久力には自信がついてきた。
週に一度のカイロプラクティック院での治療を受けて、
痛みもかなり軽減されている。
2週間ぶりのプール。そろそろ25m以上泳ごうじゃないか。
今日はダッシュもしてみた。恐くて必死に泳ぐことをしてなかったのだが、25mフリーを4本くらいかな、ダッシュと言っても、ちょっとがんばって呼吸も控えめにする程度。多分25秒以上かかってるのだろうな…(笑)

ついで、ブレとフリーで50mを4本、ブレは100mも泳いでみた。
ブレは、さすがに膝も腰もコワイので、力んで蹴るのは厳禁。でもやっぱりブレが一番楽に泳げる。
身体がほぐれたところで、軽くフリーを泳いでみると、ようやく身体が水に乗り出した。水の上を身体が滑る感じ。この感覚こそが私にとって一番いい感覚なのだ。私みたいなへっぽこスイマーでも、身体の感覚は備わっているものなのだなぁ。
というわけで、今日の泳ぎは自分なりに満足のいく結果だった。
大会に出れるのはいつの日だろうか。

いろいろ忙しかったので、午後2時半頃になったが、今日も娘とミルクとで山へ行った。
Frisbee01時間も遅いので、今日はいつものルートを通らず、最初に広場へ。
お目当てはフリスビーだ。結構二人ともはまってしまい、午前中あんなに泳いだのに、きゃーきゃー叫びながら、フリスビーを追いかける。あっという間にはぁはぁと息も弾む。暑い!ひとしきりのフリスビー大会のあと、ベンチでおにぎりを食べ、少し登ることにした。

forest01そこはヒノキの森である。まさにフィトンチッドという訳だ。思い切り深呼吸をする。
少しの間に、ミルクもずいぶんたくましくなった。どこでもついてくる。多少の階段も平気になった。
娘が芝の斜面を滑りたいというので、敷物を持って行ったら、あっという間にびりびりに破けてしまった。(笑)仕方なく、破けた半分ずつを使ってごろんと横になった。いい気持ちだ。

午前中の泳ぎの後のフリスビーである。かなりだるい。しかし娘は当たり前だが元気一杯だ。(笑)
その後も遊具で遊んだり、ミルクと走ったりしていたが、ほどなく夕刻となった。
「さぁ、もう帰ろう」
「もう一回フリスビーやって!一生のお願い!」
「・・・・」
結局お願いの10分間、みっちりとフリスビーをやる羽目になった。汗…
と言うわけで、今日は思い切りハードな一日だった… あぁ疲れた…

| | コメント (2) | トラックバック (0)