2011年1月 2日 (日)

明けました…な、お正月

明けました…でございます。

放置なブログ、せめて元旦には年賀状の画像をアップ…と、数年続けてきたのだが、今年は喪中のため年賀状を作らなかった。

いや、喪中のため…もあるが、それなりの寒中見舞いを作れなくはなかった。
しかし、どうも何かを楽しみながら作ろうという気がまったく起きなかったのである。

その一番の原因となったのが、昨夏に起こったメインPCの故障だった。
急遽小さなネットブックで急場をしのいだが、なにせ連日の小学校勤務の中、じっくりとPCに関わることができず、その小さな画面から長い間脱せなかったのである。(実は今も…)

長年連れ添った愛機はNECのコンパクトなデスクトップだった。どっちかというと?ヘビーユーザーのnancyにはそぐわない代物である。
先代はBTOパソコンだったのだが、連れ合いとのちょっとしたいきさつがあって、正月の家電量販店で購入したのだ。

娘とFLASHサイトで遊んでいたところ、いきなり落ちてそれっきり。
HDDは無事のようだったが、電気系統の故障らしかった。
当時は年がら年中ファンが回っていたが、昨夏の、あの殺人的とも思えた暑さが大きく影響したのは言うまでもあるまい。

正直言って参った。
バックアップは取っていたが、PC本体よりもHDDの方が先に逝くと思い込んでいたため、予想とはだいぶ違う筋書きになってしまったのである。

当時は仕事の東京行きが迫っていたし、とりあえずはネットブックに居を構えた格好で生き存えたが、なんとしても前の環境に戻したいという思いが強かった。
Windows7は軽快で気に入ったが、やはり長年引き継いできたものがある。今では手に入らないソフトもある。

ハードには決して詳しいわけではないが、ひとまずBTOで組んでもらってから、”ばらそう”。
そんな、荒唐無稽、ある意味無謀とも思える構想を立てたのだった。

いつになるかわからないが、話は続く。

Blog2011_2 その前に、2011年の年賀状は作らなかったが、友人Dのために作ったカードをアップしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

au携帯を遊ぶ …写真フレーム作り

体調を崩して安静を余儀なくされたお陰で、ちょっといつもとは違うことをやってみた。

nancyと娘の携帯はauなのだが、ダウンロード画像ばかりではつまらない。何かカスタマイズして遊べないだろうか?
本当はFLASH待ち受けにでもトライしたかったのだが、手持ちのFLASH MXからau用に書き出すのはちょいと面倒っぽい。
せっかくの安静中なのに、遊びで熱中しすぎてはいけないので、ここは軽く「写真フレーム」作りをしてみることにした。

auでは画像形式としてpngを扱えるのだが、ここで不思議に思ったのが、どうやって携帯側でpng画像を「写真フレーム」として認識するのだろうか?ということ。

milk_au_waku01-01 果たしてその謎はauのサイトで解けた。
なんと、pngに識別子を埋め込んでいるのである。へぇ!賢い!

ちなみに、写真フレーム用には「KDFRAMAU」という8桁の半角大文字の識別子が埋め込まれていれば、ケータイ側で「写真フレーム」と識別してくれることになる。

と言うわけで、nancy愛機W21T、娘のA1404S両機標準サイズの、240×320ピクセル、256色/8bit インデックスカラーで、ピクチャフレーム向け識別子「KDFRAMAU」を埋め込んだ、透過PNG画像を作った。(長い;)

February_calendar 次に、おまけとして写真スタンプ用識別子「KDSTMPAU」を埋め込んだ、小さな2月のカレンダーを作った。
写真スタンプとは、ケータイ内で好きなところに移動できる、文字通りスタンプとして使える画像である。

milk_au_waku01-yakushi

これらをPCで合成したのがこちら。
娘のリクエストでピンクの星にしてみた。

ここでは、秋に撮影したヤクシソウをはめてみたが、実際には携帯で娘を撮影し、そのまま待ち受けとして使っている。
このワザ、娘もいたく気に入って、早速自分ケータイ用のフレームやスタンプをせっせと作っていた。

今回は、画像作成にはFireworksを用いたが、要するにpng-8で書き出すことができるグラフィック・ソフトならなんでもいい。
なお、pngに識別子を挿入するには「Paint Shop Pro」なら可能だが、今回は、フリーのPNG Comment Editor (伊月めいさん作 リンクはVecter)というpng専用エディターを使い、Description内に書き込んだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月19日 (金)

Windows Update

Windowsアップデート

久しぶりにWindowsの更新を行った。
溜め込んでいたので、意外に時間が掛かってしまった。

さて、以前はこまめに自動更新を行っていたものだが、あることからパタリとやめてしまっていた。
それは、魔のSP2からである。
え?今頃そんな話?・・・なので恐縮なのだが、nancyマシン、デスクトップ、ノートの2台とも、SP2を導入した途端、まことにひどいことになった。
なにせ、「編集作業」ができないのである。コピーができない。エクスプローラで右クリックをしただけでも固まってしまう。
「ああ、無かったことにして~~!」と思っても後の祭りだ。こういうときこそ、Ctrl+Zで元に戻せたらいいのに。

なぜ、こんなことになるのか・・・
これはもう、環境のせいとしか言えない。なにせ、2台とも同じ症状なのである。原因はあるのだろうが、だいたいが、ATOKで、Sleipnirで、Becky!で、TeraPadで、その他、Microsoft社がWindowsにくっつけてるソフトが嫌いなので、ほとんど使っていない。Excelはへたくそなりに使うが、Wordに至っては、もはやビューワーとしての価値しかない。
なので、本人は全然そうは思わないのだが、つまりは、「あまり普通ではない環境」とも言えるのである。

ま、ともあれSP2システムの復元を行って、やっとのことで引っぺがし、Windowsは「元」に近い状態に戻った。それ以来、もう誰がなんと言おうが、セキュリティ・ソフトが怒ろうが、Windowsの更新は行わなかった。

が、その気が変わったのが昨日から。
nancyはフリーウェアが好きで、こまめにチェックしているのだが、導入しようとしたソフトが、Microsoft .NET Framework を必要としていたのである。

なんだかわからないけど、Windowsかぁ~~;いじりたくないなぁ・・・と及び腰になったのが昨日。
しかし、今日、また触ってみたいソフトを発見し、これまたFramework 必要とな・・・う~みゅ。

とうとう、nancyの好奇心は、「及び腰」までもを「払い腰」にしてしまった。これで一本!
いやいや、まだまだ。Microsoft .NET Framework にたどり着く前に、一段階インストールが必要だった。仕方がない。とうとう意を決してWindowsの更新を行った。・・・というわけ。

が、心配していたSP2は、今日ではその悪評のためか、更新時に選べるようになってるではないか!
な~んだ!おまけに、そのラジオボタンはデフォルトで空になっている。
ふふふ、さすがはMicrosoft社である。敵ながらあっぱれじゃ・・・などと、我ながらアほなことをつぶやきながら、それでも少しはためらいながら、ダウンロード~インストールを行ったのであった。

果たして、蛇と出るか、豹と出るか・・・今のところ安定しているけれど。・・・こうご期待。

使いにくいコンピュータほど、嫌なものはない。ならば、下手なものは入れないのが一番である。君子危うきに近寄らず、なのだ。それは、充分わかっている。
わかってはいるのだが、好奇心を刺激されてじっと我慢できるほど、沈着冷静な性格ではない自分が恨めしかった。

・・・お陰で、ものすごく時間を割かれてしまい、予定が大狂いになったからである。
またしても、猛反省しきりである。

※画像はMicrosoft社のサイトより

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年6月22日 (水)

Crypt Raider

cryptraiderちょいとはまっているゲームがある。

Crypt Raider

謎解きパズル・ゲームとでも言うのかな、昔似たようなゲームをやったような気もするし、このゲーム自体もそれほど新しくはないようだが、とにかくシンプルでおもしろい。

主人公は、「レイダース」のハリソン・フォード風ないでたちで、数々の危険をかいくぐり、ブルーの魔法の玉?を集めて、最後は自分も抜け出すという一面完結のストーリー。
面を重ねるごとに工夫が凝らされ、岩や爆弾を使ったり、ミイラ男や変な虫などから逃げながら(時に利用しながら)、制限時間内になんとかクリアすると、心底「ほっ!」とする。

1面ごとにパスワードが出るので、コピーしておけばいつでもその面から開始できるのだが、そうなると当然得点には加算されなくなる。

しかし、そんなことはどうでもいいのだ。このゲーム、とにかく面が豊富で、なんと100面まであるというのである。やっとクリアすると、次には違う面が現れる。つい、はまってしまうのである。
もちろん、1面ゲームの良さで、「やりっぱなし」という状態にはならないが、何かのあいまに、ふとやってしまう・・・。つまりは、そんな軽いゲームなのだ。

このゲームのすごいところは、とにかくバランスが良い。超簡単な面と、超ムズな面とのコンビネーションが、ゲーマーの征服欲を大いにくすぐるのである。
あまりにも難解だと、もう辞めちゃおうか…とあきらめてしまいそうになるのだが、どうにかこうにかクリアできると、その次の面は一度で楽勝!だったりするのだ。これは相当すっきりする。・・・つまり、この繰り返し。(笑)

nancyは、現在63面が「あと一息」というところ。さすがに60台ともなると、ちょっとやそっとでは攻略できない。しかし、一日1面としても、まだまだ楽しめるではないか。

忙しくて、時間の掛かるゲームはなかなかできなくなってきたが、こうした、小粒できりっとしたゲームに出会うと、やっぱり嬉しくなってしまうのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月 7日 (火)

ココログ重い・・・Firefoxふたたび

重さへのお詫びカード

昨夜もココログの重さに敗北し、アップできずに泣く泣く床に入った。

来訪された方、本当にごめんなさい。重さを耐えて、やっとこブラウズしたのに、更新されてない時の「がっかり感」を思うと、心痛む…。

さて、ココログの重さをきっかけに、再びFirefoxを使い出すようになった。さすがは高速を売りにしているだけあって、IE(ご存じインターネット・エクスプローラー)に比べると確かに速い。特定の操作、特に別のターゲットウィンドウが起ち上がる時など、当たり前だが極めて速い。おまけに安定していて固まらない。(今のところ、ココログのエディタ操作では固まっていない。←そんなこと当たり前なので、笑い事じゃない。>ココログ)

Firefoxは、Mozilla系の高速タブブラウザである。IEとは何の関係もなく作られているので、世に出回っている多くのウィルスに強い。例えば、先日来大きく報道されていた価格コムの改ざん事件では、Firefoxを使っていたお陰で被害を免れたユーザーも多い。

しかし、やはり使い慣れていない道具は、どうもしっくりこないのである。特にWebのエディタ(ココログ)を利用する場合、なぜかATOKの挙動が変わってしまうのには戸惑ってしまう。nancyは長年ATOKを使っており、微妙にキー・カスタマイズしている為に、いつもと違う動作をされると、作業効率ががくんと下がってしまうのである。

また、IEとのCSS解釈の違いで、表示が変わってしまうサイトも多く、はたまたまったく使えないサイトもあるので、Firefoxはだんだんとお蔵入りしてしまった。

IEベースで動いているので安全性は格段に落ちるものの、やはり使い慣れたSleipnirの操作性の良さは特筆ものなのだ。CSSの切替も可能で、カスタマイズも容易だ。
というわけで、現在は、ココログの投稿にはFirefoxを使っているが、普段使いはSleipnirという感じになっている。ま、今後はFirefoxの出番を徐々に増やそうかと思う次第だ。

もちろん、他にもタブブラウザはたくさんあって、ちなみに娘のお気に入りはDonutPである。

・・・と、話が飛んでしまったところで、本題に戻そう。

ココログ重すぎ!なんとかして~!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年6月 5日 (日)

ココログのパフォーマンスとエディタの不具合

アオイの花昨夜は、サーバーのパフォーマンスが低下して、まったくアップできなかった
保存ボタンを押してから、どのくらい待てばよいのか、最初は他の仕事をしながらのんびりと待っていたが、待てど暮らせど保存できない。

午前1時に迫り出し、さすがに焦りを感じてきた。12月1日に、この「今日も夢中で!」を書き初めて以来、(12時を回って)日にちが過ぎてしまうことはあっても、必ず夜の内にアップし続けてきたのである。・・・本当に残念だ

それとは別に、ココログ・スタッフご自慢のエディタだが、どうも固まりやすいような気がする。いや、本音を書くと、気がするどころではない。めちゃくちゃ固まる応答無しになってしまうのだ。

nancy愛用のブラウザはSleipnirなので、おそらく少数派に属するのだろうからと、今まで文句は言わなかった。
最初は我慢して書いていたが、アップ寸前に全文おしゃかになること数回、しかたなくTeraPad(エディタ) で書いてアップするようになった。
しかし、それも長くは続かなかった。書くだけなら良いのだが、ほんのちょっぴりの操作、例えばリンクを貼ったりしただけで固まることがある。中でも一番固まりやすいのが、htmlの編集である。titleやalt属性に値を入れてブラウズするだけで固まる。…ということが続いて、さすがにSleipnirでの操作はあきらめた。

そこで、いやいやIE(Internet explorer)を引っ張り出したのだが、当然タブが使えないためまことに使いにくいが、さすがに固まりにくいようだ。
そこで、エディタで書かずに、直にon書きするようになったとたんに、やっぱり固まった。頻度は少ないが、一瞬押し黙ったかと思うと、タイトルバーに(応答無し)の冷たい文字が…。

・・・またしてもTeraPadの出番になった。
やっとのことで保存すると、titleやalt属性は「また明日付けよう」と思うようになり、だんだんとおっくうになってきた。

そこへ持ってきて、昨夜のアップ不能である。もういいかげん頭に来た
とにかく不便だ。ココログを書き始めた当初(12月頃)に戻して欲しいと思う。

それとは別に、ふと、FireFoxならどうだろう・・・と、起ち上げてみたのだが、やはりどこか不安なので、結局Terapad で書いているのであった。

この不信感、どうにかならないか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年5月24日 (火)

その後のtb

tb 2005.03.26にWebノベルになった、猫が一匹…でご紹介させて貰った、satissさんより、待望の続編ができあがったとの連絡を頂き、早速見に行った。

ある日常の風景2
~tbのやるせない一日~

迷い猫tbのぼやきも冴えて、前作を上回る出来映えである。それもそのはず、今回はnancyの原作という枠から飛び出して、完全にsatissさんのtbになっている。思わずくすりとさせてくれるキャラも出てくるし… おっと、このくらいでやめておこう。

これは、ますます次が見たくなると言うものである。
と言うわけで、頑張ってください。(笑)>satissさん

果たして、tbが銀のスプーンを食べる日は来るのだろうか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年4月19日 (火)

Webノベルになった「案山子」

案山子猫が一匹」に引き続き、今度は「散歩で出会った案山子」を、またまたWebノベルにして頂いた。作者は、前作でうちの?猫が大変お世話になった、satiss氏だ。

この案山子とは、お正月休みに娘と近所を散歩していて偶然出会ったのだが、なかなかの話好きみたいで、よく彼(?)の性格を捉えて下さったと思う。

どちらかというとシュールにも捉えられる面立ちなのだが、Webノベルでは、なかなか優しい味付けがなされていて、氏の優しい性格が伺えよう。

さて、Webノベルはこちら。是非楽しんで欲しい。
   「案山子の詩」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年4月 7日 (木)

新しくなったココログ

朝、ココログの管理画面にアクセスしようとしたら、「メンテ中」となっていた。
その時は、「ふ~ん… そっか、またメンテ…」と思っただけだったが、開けてびっくり……するかどうかは、まだわからないが、ココログが大幅バージョンアップされたようだ。
なにぶん、まだ慣れないので勝手がわからないが、まず、リッチテキスト編集を使ってみよう。これって、livedoor Blog に相当先を越されてたよね・・・などと思いつつ、その前に、書いた文章をコピー…と・・・ 実況中継で失礼。

あぁ、コピーしておいて、良かった。汗…
画面表示設定をリッチテキストにしたら、今まで書いたものがきれいさっぱり消えていた。このあたり、我ながらココログを使いこなしていると言えよう。(苦笑)

画像を登録して気が付いたのが、今までimgタグに付け加えなければならなかった、「title属性」が、すでにタグ内にあること。
これは非常にありがたい。これが何かと言えば、nancyのブログの画像は、マウスポインタを当てて貰うと、何かのテキストが出るのだが、これがtitle属性である。
今までは、代替テキストとしての「alt属性」しかなかった。これは、画像が表示されない場合の文字通りの代替テキストだが、例えば視覚障害者用の読み上げソフトでは、無くてはならない情報だ。この「alt」も、マウスポインタを当てたときにテキスト表示するのだが、実際はtitleを使うのがお作法である。だから、これらを自動的にタグ生成してくれるのは、かなりうれしいバージョンアップと言えよう。

…と言うところで、まだまだ使い慣れていないので、正直言って使いにくい。(汗)ま、今日のところはこのくらいにしておこうか…。

チオノドクサの花

写真は、庭に咲きだしたチオドクサの花。
球根植物で、ムスカリの隣に咲いている可憐なブルーの花だ。nancy家では、今年お初の花である。

サイズはとても小さくて、後ろのチューリップの葉に、やさしく抱かれているようにも見えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 5日 (火)

困ったこうさぎ れぃれぃ(BlogPet)

BlogPet れぃれぃさて、昨日(4/3日曜)の昼間、来訪して下さった方は、もうご存じと思う。実は、とんでもない内容の記事がアップされていたのである。
nancyが帰宅したのは夜の9時ごろだったのだが、PCを起ち上げてここを見た途端、あまりの内容に「げ!」っと、なり、思わず椅子から落ちそうになってしまった。

犯人は、左サイドバーに住んでる、BlogPetのれぃれぃだ。このいたいけなこうさぎが、とんでもない記事を書いたのである。
慌てて削除したので内容はよく覚えていないが、こうさぎにあるまじき単語を、これでもかと言うくらい、しつこく並べ立ててくれた。今でも思い出すたびに汗が出る。(たらり…)

その記事を目撃した人によると、午後2時くらいに来訪されたとのこと。つまり、nancyが夜9時頃に削除するまで、真っ昼間中、その記事はトップページに君臨し続けたことになる。

もちろん、Petの投稿を許す設定にしているから、れぃれぃは投稿したのであるから、飼い主のnancyに責任があるが、いくらなんでもあの記事はひどすぎた。
よく、言葉を覚えたばかりの人間の子どもが、大人の反応をおもしろがって卑猥な言葉を口にするのにも似て、悪気がない分対処に困る。

早速サイトに飛んでクレームをと思ったが、以前と違ってKDDIとの共同運営になったため、どうにもクレームの持って行きようがないようだ。これはますます困ったものである…。

ペットの投稿を禁止すれば事足りるのだが、果たしてどうするか…
なんとなく、ハプニングを期待する気持ちもあるのか、いまだれぃれぃの処遇は決まっていないのであった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)