« あけましておめでとうございます! | トップページ | あけましておめでとうございます »

2009年1月 3日 (土)

お正月のタカサゴユリ

寒い。まっこと寒い!
おまけに、年明けからずっと天気が悪い。
東京育ちのnancyは、お正月に雨が降るなんて考えられないことなのだ。

お正月も3日を迎える今日、「シブチンな太陽」はようやく顔を見せ始めた。もとい、「恥ずかしがりな太陽」である。

さすがに運動不足となり、夕方頼んであるお寿司のために腹を空かせるべく、久しぶりの散歩へと繰り出した。
しかし、陽が出てる時はまだしも、一旦曇ってしまうと、山からの風が吹き下ろし、分厚いダウンジャケットを着込んでいても震えが来る。
あきらめてその辺を一周して戻ることにして、家の近くの墓地まで戻ると、

あれ?こんなに寒いのにタカサゴユリが咲いている。

どちらかというと暑い時期に咲くユリであるが、そこは旅するエトランゼ、すこぶる頑強この上ない。

タカサゴユリ・・・(高砂百合) ユリ科 ユリ属 Lilium formosanum

Takasagoyuri200901_2 きれいに小砂利の敷き詰められた墓地では、真夏であっても雑草を見ることは少ない。
敬虔なお年寄りが、「草一本逃してなるものか」と、目を凝らして引いてしまうせいだが、このタカサゴユリは別格である。

白ユリの持つ気高いイメージに守られて、「大目に見て貰っている」…というより、もはやお年寄りたちに守られていると言ったほうが良いだろう。

2005年8月21日 (日)エントリ  旅するユリ …タカサゴユリ

なにより目立つのは、その大きな雌しべではないか。
実生で増えるタカサゴユリにとって、一番の目印だろうか。

しばらくカメラを構えていたが、今日の太陽と同じく「恥ずかしがり屋のユリ」を助けようと、強く冷たい風が吹き、たおやかにゆらゆらと揺れるタカサゴユリは、最後までピントを合わさせてくれることはなかった。

|

« あけましておめでとうございます! | トップページ | あけましておめでとうございます »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/43626330

この記事へのトラックバック一覧です: お正月のタカサゴユリ:

« あけましておめでとうございます! | トップページ | あけましておめでとうございます »