« ヤブコウジ | トップページ | 聖夜に… ヒイラギモチ (柊黐) »

2006年12月23日 (土)

久しぶりのエントリー

Kanasi04 久しぶりのエントリーだ。
ハーボットの「むぃむぃ」は辛うじてBlogPetの「れぃれぃ」の投稿によって飢えをしのいでいたが、なにせ致し方ない状態が続いていたのである。

実は、12月に入って間もないころから体調を崩していた。
就寝しようと思って横になると、右顎周辺に痛みが生じるのである。
むし歯が痛んでいるのだろうと思って歯科を受診したが、それほどたいした虫歯ではないとのこと。
なにせ歯をコンコン叩かれても、そんなに痛くないのである。
差し歯にしてある歯でもあるし、敢えて掘り返さなければならないほどの異常さは見つからなかった。
三叉神経痛かもしれないね」と言われて、それなら10年ほど前に経験しているからと、自分なりにも納得した。

しかしその後もだんだんと症状は進んで行き、しまいには5分~15分間隔で痛むようになってしまった。
テンションの高い痛みだからか、鎮痛剤を飲んでもほとんど効果がない。
仕方なく、痛みが起きる度に起きあがって和らぐのを待ち、再び横になるのだが、またすぐに痛みに起こされる…というわけで、これでは起きているのか寝ているのか…、自分でもよくわからなくなった。

不思議なことに昼間は痛みもほとんど起きないので、昼の12時頃に1~2時間くらい仮眠を取ることでなんとか持ちこたえていたが、かれこれ2週間もまともな睡眠が取れない状態が続いたのである。
さすがに日常生活にも支障を来すようになり、このまま治らなかったらどうしようかと、正直不安がよぎった。

この膠着状態に変化が生じたのは、20日(水)の夜だった。
「痛~!」声には出さないが、相当きつい痛みが右顎奥を襲った。
これは、今までの痛みとは違う。…間違いなく、歯の痛みだ。
さすがにこの時ばかりは“横になると痛む神経痛”は影を潜め、鎮痛剤と度重なる睡眠不足のお陰で、久しぶりに3時間くらい眠れたのが、なんとも皮肉な話だった。
普通なら、たとえ薬を飲んでも一睡もできないと思われるほどの痛みだったから、である。

痛いのはまことに辛かったが、これでここ2週間以上味わっている「眠れぬ苦しみ」に、なんらかの決着が付きそうな期待感もあった。
翌日歯科を受診して、とんでもなく痛む歯の神経を取ることになったのだが、歯医者さん曰く、果たしてこれで「あの痛み」がきれいに消えるかというと、それはまだわからないらしい。

が~ん!そうなのか…

ともあれ、眠れない状態からはとりあえず抜け出したようで、痛みこそあれ、眠りを妨げるほどのものではなくなった。
ようやく人間らしい生活に戻って来れたのだろうか…

|

« ヤブコウジ | トップページ | 聖夜に… ヒイラギモチ (柊黐) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/13473580

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりのエントリー:

« ヤブコウジ | トップページ | 聖夜に… ヒイラギモチ (柊黐) »