« 山へ …アキノタムラソウ | トップページ | オニユリの咲く頃 …その2(BlogPet) »

2006年8月 7日 (月)

そうめんかぼちゃ

この夏の「はまりもの」の一つに、そうめんかぼちゃがあった。

なにせ、おもしろいのである。
そして、おいしいのである。
おまけに安いのである!
この3拍子が揃っていれば、はまらないわけがない。

そうめんかぼちゃ ある日のこと、農協の即売所の入口付近に置かれた段ボール箱の中に、それはあった。それも、店の中ではなく外に、である!
そうめんかぼちゃ 『輪切りにして種を取って茹でる。マヨネーズで合えると美味』」などと書かれた紙の乗った、見てくれの悪いその瓜は、半ば放置されているような雰囲気だった。
見るからに、買ってくれる人はあまりいなさそうである。

「ふ~ん?そうめんかぼちゃ?」
例によって好奇心旺盛のnancyの目に止まったそれは、お世辞にもおいしそうな様子は無かった。
そう言えば、前に園芸雑誌か何かで見たことがある。
確か、「金糸瓜」とかいう名前だったような…。

娘は「また始まった…」とばかりに腕を引っ張った。
カボチャ嫌いな娘は、かぼちゃと名が付くだけでもいやなのだ。

しかし、値段を見れば1個120円とな。安!である。
これは試してみる価値は大ありである。
というわけで、一つ買ってみたのがことの始まりだった。

そうめんかぼちゃさっそく輪切りに…・・・しようとしたのだが、も~のすごく硬い
普通のかぼちゃより遙かに硬い。
しかし種のまわりはふかふかしているので、鋭い包丁を突き刺してこじらずに上下に動かすと、ぱかん!と音を立てる。それを数回繰り返して、ようやく切れた。

早速鍋で茹でてみたものの、1回目は茹で時間がわからず大失敗。
茹でていたら勝手に糸状にほぐれてくるのだと思っていたので、都合20分以上も茹でてしまったのだ。
結果、触ればちぎれてしまう状態に…。
これは完全に茹ですぎなのだが、何せ初めてなので間違っていることすらわからないのである。

Soumenkabocya04この時点で、nancyのそうめんかぼちゃに対する評価は地に落ちていた。
硬くて切るのは大変だし、味ははっきりいっておいしくない。これはぶ~!である。
「単なる話の種で終わるか…?」と思ったが、このままあきらめるのは口惜しい。念のためにインターネットで調べてみると、「茹で時間は10分ほど」とある。
な~んだ、そうなのか…と、再度挑戦してみた。

このそうめんかぼちゃは大きいのか硬いのか、10分ではまだ足りない感じだったので、プラス2分くらい茹でてからざるに揚げ、水にさらしてみた。
そうめんかぼちゃこれでどうだろう・・・?

おお!自然にはほぐれないが、(冷めてから)指で果肉をかき出すと、どんどん麺状にほぐれてくるではないか。
どこまでほぐれるかと思ったら、わずかな皮1枚を残して、全部麺状にほぐれるのである。へぇ~~!これにはびっくりした。

次は、そのおいしさにびっくりした。
やっと最良の茹で時間を得たそうめんかぼちゃは、一口で言ってしゃきしゃき!である。
そうめんかぼちゃ なんとなく「刺身のつま」にも似た感じだが、それより遙かにおいしい。
何も付けずに口に入れると、ほんのりとだが、わずかに甘みがある。しかし、かぼちゃっぽい味は全く感じない。

そのままでは水っぽいので、手で軽く絞ってから皿に盛った。
マヨネーズ嫌いのnancy家の冷蔵庫には、マヨと名のつくものは一つもないので、試しにイタリアン・ドレッシングを掛けてみると、カボチャ嫌いの娘は「春の筍に似てる」と言って、あっという間に平らげてしまった。

と、ここでようやく冒頭の3拍子揃い踏みに戻るのである。
これははまった。
なにせ1個を4つに切ったから、120円で4回も楽しめるのである。
つまり、一回30円也!これは安い!

しかし、ぼちぼちブログに書こうかな、と思っていた矢先のことだ。
TVを見ていた娘が「ママ!そうめんかぼちゃだよ!」と叫んだ。
げ!
昨夜(日曜夜)の某番組で、そうめんかぼちゃが紹介されたのである。

夏バテ予防に有効とあるが、元来「夏野菜」と呼ばれる食材、特に瓜の仲間は身体の熱を下げたり、汗で失われがちな栄養素が多く含まれていたりと、どれも夏バテ防止に役立つのである。冬瓜しかり、キュウリだってナスだって、夏に食べると身体に良いのである。昔の人の知恵はさすがなのだ。
中でもかぼちゃは栄養価が高く、そうめんかぼちゃだけが特別効能があるわけではないだろう。

しかし、TVの威力は凄まじい。
あの「寒天」と同じように、そうめんかぼちゃも品薄になってしまうのだろうか。
そうめんかぼちゃなんて、元々それほど生産量が多いわけではないだろうし、促成栽培できるような野菜でもないのだ。
結果、そうめんかぼちゃの「野菜としての格」が高まり、ラベルがいくつも付いた「高級食材」としての地位を確立するかもしれない。
ひょっとしたらこの夏、もう口に入れることができなくなるかも知れない。
良い物が世に広まるのはうれしい反面、値段が上がったり品薄になるのは残念である。

というわけで、既に入手困難かもしれないが、そうめんかぼちゃ。超お勧め野菜である。
もしも見掛けたら、是非とも食べてみて欲しい。

|

« 山へ …アキノタムラソウ | トップページ | オニユリの咲く頃 …その2(BlogPet) »

コメント

nancyが、春ので寒天と冷蔵庫を上下すればよかった?

投稿: BlogPetのれぃれぃ | 2006年8月 8日 (火) 11:44

昨日、農協の即売所に行ったので、
そうめんかぼちゃを買ってきました。
お値段は300円。約倍ですね。
インターネットのページを印刷したらしい、カラーのレシピが置いてありました。

投稿: nancy | 2006年8月12日 (土) 15:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/11320703

この記事へのトラックバック一覧です: そうめんかぼちゃ:

« 山へ …アキノタムラソウ | トップページ | オニユリの咲く頃 …その2(BlogPet) »