« 山へ …アキノタムラソウ(BlogPet) | トップページ | センニンソウ (仙人草) その1 »

2006年8月20日 (日)

クサギの花

クサギ 目立つ花が少なくなり森の緑が一段深くなる夏のさなか、クサギの花は離れた場所からでも目を惹く。

この山にはクサギの木が多い。
中でもこの場所には立派なクサギの樹が数本あり、nancyお気に入りのポイントとなっている。

クサギ・・・(臭木) クマツヅラ科 クサギ属 Clerodendron trichotomum 北・本・四・九・沖縄に分布する落葉低木 花期8~10月

クサギはとても個性的な樹だ。
どこがどう個性的って、それはもう、葉も花も実も、全部が個性的。
その個性的さゆえに、エントリーも三回目となる。
2005.08.10 クサギ …湿地周辺の植物
2005.10.04  クサギの実

クサギ一番最初にクサギに会った(確認した)のは、国指定湿地の見学会でのことだった。
自然観察指導員から、「嗅いでみなさい」と手渡された一枚の葉。
それなのに、nancyは嗅がずにそのまま娘に手渡し、娘は「くさ~い」と一言のたまった。

この一件以来、娘に対してちょっと後ろめたい気持ちを抱えていたのだが、最近になって娘が、「実は嗅がなかったの。」と白状するに至って、う~ん、果たしてどんな匂いだったのかと、若干気になる今日この頃である。
しかし、その後至るところでクサギを見掛けるが、その葉の臭いを嗅ぐ勇気は一向に沸いてこない。(笑)

クサギの花 ということで、今回のヒロインはクサギの花である。

クサギの花序は集散状だ。
これを集散花序と呼ぶが、枝先や上部の葉腋から花序を出して白い合弁花を咲かせるのである。

この写真はまだ咲き始めの花で、見ればつぼみがたくさんある。
満開になったらさぞかし見事だろうな…といつも思うのだが、クサギの花はどうやら一斉に満開になることはないらしいのである。
クサギの花期は8月から10月くらいと長く、実を付ける頃になっても花を見ることができる。
じっくりとリレーのように咲き続けて確実に子孫を残そうというのだろう。

クサギの花しべの長いその花は、たった一つでもこんなに美しいのだから、一斉に咲き誇ったらアジサイを凌駕するほどにもなろうが、「今日はクサギのお花見に…」なんてことにはなりそうもない。
そこは短期決戦型ではないクサギの勝手、人間の花見のネタになる気など毛頭ないらしい。

クサギの花 そんなクサギの花、開く直前のつぼみの様子がこちら。
あ~ら、まん丸の可愛いつぼみが薄赤紫色の萼片から飛び出して、まさに開かんばかりの一瞬である。
そう、上の写真でつぼみのように見えていたのは、実は萼片だったのだ。
クサギの萼片が、柔らかな緑色から紅が差してほんのりと染まるころ、大切に守り育ててきたつぼみがこうして顔を出すのである。

Kusagi06up そうして開いたクサギの花。
白い花弁に“筒部分”の赤紫色がよく映えて、長い雄しべと雌しべをぐっと突き出し、百合のような芳香を漂わせては虫を誘う。

よく見るとこの雌しべと雄しべ、面白いことに行動が揃っていないようなのだ。
咲き始めてしばらくの間、雄しべが上を向いている雄性期には、雌しべはそれを避けるように下を向いている。(この時期はたとえ花粉が付いても受粉することはない)

クサギの花 雄しべの先の葯から花粉を放出し終えると、今度は雌性期に入り、雌しべがやおら起き上がると、交代するように雄しべはたれ~んと下を向くようなのである。

これは先日エントリーしたアキノタムラソウと同じく、同花受粉を防ぐためのシステムだが、同じ花の雌しべと雄しべが、お互い「いやよ」と避け合っているように見えて、なんとなくおかしかった。

臭い臭いと言われるクサギ
実際には、葉や幹を傷つけなければまったく臭いはしない。
反対に花の芳香はすばらしく、それはそれはうっとりと…と言いたいところなのだが、残念ながらゆっくり香りを楽しむことはできなかった。

なぜなら、花の少ない時期に咲くクサギの花にはたくさんの虫たちが群がっている。
ジャコウアゲハやモンキアゲハたちが優雅に舞いながら蜜を吸う姿にお目に掛かるのはうれしいが、いきなり怖そうな蜂がやってきて、ぶ~ん!と牽制されたりもするから、安易に鼻を近づけるのはあまりに危険すぎる。
ぼやぼやしているとお次はヤブ蚊の餌食になる…と言った具合で、なかなかのんびり見つめていられない、クサギの花なのだった。

|

« 山へ …アキノタムラソウ(BlogPet) | トップページ | センニンソウ (仙人草) その1 »

コメント

コブシの花のような形ですね。
雄しべがものすごく背高のっぽで花粉が紫。
これはもてるでしょう。
臭いんですか?
名前から推測できますけど。
この花に出会ったらnancyさんの代わりに
私がかいでみます(笑)

投稿: asitano_kaze | 2006年8月23日 (水) 19:25

asitano_kazeさん、こんにちは。
クサギの花は本当に美しいです。
葉の臭さはアンモニア系?
嗅いだらぜひ教えて下さい。
臭い臭いと言われるクサギですが、なんと若葉は茹でて食用になるんですよ。なんと、おいしいらしい…です。
最初に食べた人を表彰してあげたいものです。(笑)

投稿: nancy | 2006年8月23日 (水) 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/11516851

この記事へのトラックバック一覧です: クサギの花:

« 山へ …アキノタムラソウ(BlogPet) | トップページ | センニンソウ (仙人草) その1 »