« 深夜の招かれざる客 | トップページ | 山のタニウツギ(谷空木) »

2006年6月 7日 (水)

お菓子ような …カルミア

ムカデ騒ぎのお陰で、すっかり予定が狂ってしまった。
梅雨入りの声も聞こえてきたし、ここはちょっときれいな花でも愛でようか…

カルミアの花久しぶりに山から離れて、家周辺に植栽されたお花の話を。カルミアの花だ。

カルミアとは、昨年しげしげ見つめ合い、「この世にこんな花があるのぉ~~?!」とびっくりし、めっちゃ魅せられたものの、なぜかエントリーするまでに至らず、花期を逸してしまった経緯がある。
ちなみに、今春エントリーできなかった花は非常~に多い。
仕方ない、来年に期待しよう…と、自分をなぐさめている。(苦笑)
…と、また話が飛んでしまった。(謝)

カルミア・・・ツツジ科 カルミア属 Kalmia latifolia 花期5~6月 北米原産の常緑低木 別名:アメリカシャクナゲ、ハナガサシャクナゲ

カルミアの花

カルミアの花には、細かい言葉はいらないだろう。
写真を見て貰えばわかるほどのおもしろさだ。
花もおもしろいが、まずはその前につぼみ
一言で言って、おいしそう!なのである。
これはもう説明いらないだろう。
誰だって、「え~~?!」って思うに違いない。
そう!まさに「絞り出した生クリーム」そのもの!
または、ホワイト&イチゴのア○ロチョコって感じ。

カルミアの花 つぼみがおもしろいなら花もおもしろい。
別名の「ハナガサシャクナゲ」はまさにぴったりな呼び名で、傘をひっくり返したような形状の花の中に、これまた傘の骨そっくりに雄しべが10本放射線状に位置しているのである。いったいどういう事情でこういう形の花になったのか、一度カルミアにインタビューしてみたいところである。

カルミアのような咲き方を集散花序と呼ぶが、最初の花は軸の先端につき、その下から出る側枝に次の花をつける。これをくり返して次々に花が付いていくため、ちょっと見たところ折り紙細工のくす玉のようで、非常に豪華だ。

ツツジ科ということで、カルミアは見ての通り合弁花なのだが、ツツジには似ても似つかない。
ただし、「アメリカシャクナゲ」という別名の通り、シャクナゲの花を思い浮かべれば、うん、確かに近いようである。

カルミアはアメリカで生まれ育った花で、ペンシルバニアとコネチカットの州花だという。
ここではペンシルバニア州での逸話をご紹介しよう。
ペンシルバニア州では1927年に State Flower(州花)として、州の原産である「チューリップの木」(Liriodendron tulipifera) を採用しようという動きがあった。
この「チューリップの木」こそ、エントリーしたばかりの「ユリノキ」なのである。へぇ~!なんだか縁を感じてしまうではないか!

しかしこの動きがその後発展することはなく、ユリノキは州花となり得なかった。
その後、ある針葉樹の一種(ツガ材と思われる)を州の木としてはどうかという声が起こるが、これも決定までに至らなかった。

次第に人々の間で公式な州花を望む声が高まり、ここで候補に上がったのが、ピンクのアザレア(the pink azalea )と、カルミア(the mountain laurel)だったのである。
しかし、それぞれの花を支持する人たちが相譲らず、最終的に知事の判断に委ねられることとなった。

ここで当時の Pinchot 州知事があっさりとカルミアに決定したら、まったくつまらない話なのだが、彼は本当はピンクのアザレアの方が好きだったというのである。
しかし、あれこれ専門家にうるさく言われて面倒くさくなってしまったのか、それとも奥さんに頭が上がらなかったのか、判断は彼の奥さんに任され、1933年5月5日、晴れてカルミアをペンシルバニア州花とする法律が調印されたのである。
当時の事情をあくまで勝手に推測してみただけだが、カルミアは恐妻家のお陰で州花になったようで、なんだか可笑しくなった。(失礼)

カルミアの葉最後に一つ。カルミアの葉は有毒である。もっとも、ツツジ類はおしなべて有毒植物だ。
ドウダンツツジだって有毒だからシカが多い場所でも食い荒らされないわけなので、過分に恐れることはないが、おいしそうなカルミアのつぼみに惹かれてゆめゆめ口になさらぬよう、ご留意あれ。

|

« 深夜の招かれざる客 | トップページ | 山のタニウツギ(谷空木) »

コメント

かなりお久しぶりです…ミニホでもずっとご無沙汰したまま閉鎖しちゃいましたね(^_^;
あのお花…カルミアって言うんですね~(^-^)
ずっと名前が気になってたんです(^▽^;
おかげさまで名前が判明してスッキリ(^▽^)w

投稿: ホームズの猫 | 2006年6月10日 (土) 10:00

おお!お久しぶりです!
お元気でしたか?(^^)/

ミニホ、戻るつもりだったのですが、終わっちゃうんじゃ仕方ないって思って、結局そのまま放置してしまいました。(^^;)

カルミア、おもしろい花ですよね~
園芸種だとばかり思っていたら、違うんだもの。

またいつでも遊びに来て下さいね!
待ってます!

投稿: nancy | 2006年6月10日 (土) 11:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お菓子ような …カルミア:

« 深夜の招かれざる客 | トップページ | 山のタニウツギ(谷空木) »