« アカバナユウゲショウ (赤花夕化粧) | トップページ | 6月の残像 ~テイカカズラ その2 »

2006年6月26日 (月)

6月の残像 ~テイカカズラ その1

山を歩いていて頻繁に見掛けるけれど、いまだ「名前のわからない植物」がいくつもある。
あまりに何気なさ過ぎて、日常的な山の風景に完全に溶け込んでいるのだが、改めて「はて、これっていったいなんだろう?」と図鑑をめくっても、皆目見当が付かなかった。

テイカカズラ ツタの一種だろうか…
どこかのお宅でプランターに寄せ植えされているのを見掛けたような気がするが、つまりは観葉植物なのか?

個体差の大きい、一風変わった葉っぱである。
ちなみにこの写真は今年の2月に撮影したものだが、つまりは厳冬の中でも落葉しないのだ。
よって、一年を通して一般常識のように山のいたるところで見掛けるので、知らない自分が恥ずかしくなるほどだったが、何かの折りに触れて左サイドバーリンクのMOCAさんに訊ねてみたのである。

テイカカズラの新葉さすがはMOCAさん、呆れもせずに、「おそらく『あれ』だろうけど、念のために違う写真を…」とのことで、再度撮りに行ったのは、5月20日のことだった。
こちらがその写真。

テイカカズラの新葉 萌え出た頃の赤ちゃん葉は、細くて黄色っぽい。
よく見ると表面には毛が生えている。
みんな行儀良く対生しており、新葉でありながら厚みの感じられる葉で、既におもしろい葉脈(模様?)がわかる。

MOCAさん、この写真で「やっぱり!」と、即答下さった。
答えは「テイカカズラ」だというのである。

テイカカズラ…(定家葛) キョウチクトウ科 テイカカズラ属 Trachelospermum asiaticum  東北以南の林内に生えるつる性常緑低木

テイカカズラなら、そろそろ白い花が見れるはず」と聞いて、ますます驚いた。
え?!これって、花が咲くのぉ?
この葉っぱと、キョウチクトウ科の白い花…?
これらが頭の中でちっとも一致しないまま、6月も山へと通ったのだった。

|

« アカバナユウゲショウ (赤花夕化粧) | トップページ | 6月の残像 ~テイカカズラ その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/10692708

この記事へのトラックバック一覧です: 6月の残像 ~テイカカズラ その1:

« アカバナユウゲショウ (赤花夕化粧) | トップページ | 6月の残像 ~テイカカズラ その2 »