« ヤマツツジとミヤマカラスアゲハ | トップページ | モチツツジ »

2006年5月24日 (水)

ミヤコツツジとヤブキリ

ミヤコツツジとヤブキリ ヤブキリの幼虫はツツジの花が好きだ。
5月になると、ピンク色の花びらにとまった黄緑色の小さなヤブキリの赤ちゃんをよく見掛ける。
このきれいな色の取り合わせを見ると、まさに5月そのものである。

ヤブキリ…Tettigonia orientalis 成虫の大きさ (翅端まで)45-50mm 時期 6-9月 分布 本州・四国・九州
(参考サイト:昆虫エクスプローラ

ヤブキリの幼虫 ヤブキリは大型のキリギリスで、他の虫を食べる肉食なのだが、赤ちゃん時代は花粉を食べるので、よくツツジの花の中にいる。
ツツジの花粉は一つ一つが糸で繋がっている為、花の中の虫はあっという間に花粉だらけになってしまい、結局受粉のお手伝いをする羽目になる。
このヤブキリもご多分に漏れず、身体中に花粉をたくさん付けていた。
それにしても、なんと触角の長いこと!である。余計なお世話だが、誤って踏んづけたりはしないのだろうか。

写真のツツジはミヤコツツジと思われるが、ミヤコツツジヤマツツジとモチツツジの自然交雑種で、両者の特徴を併せ持つ。

ミヤコツツジ・・・(都躑躅) ツツジ科 ツツジ属 Rhododendron tectum 山野に生える半落葉低木 花期:5~6月

東海圏の山に自生するツツジは、ヤマツツジ、モチツツジ、ミヤコツツジが多いようだが、植栽されたヒラドツツジなんかも交雑するらしく、写真だけでは微妙な花もあって、ツツジ新人のnancyには、ちょっと判別しづらいところである。

|

« ヤマツツジとミヤマカラスアゲハ | トップページ | モチツツジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/10237154

この記事へのトラックバック一覧です: ミヤコツツジとヤブキリ:

« ヤマツツジとミヤマカラスアゲハ | トップページ | モチツツジ »