« にょきにょき… フキノトウ(蕗の薹)(BlogPet) | トップページ | 久しぶりの山 …ドウダンツツジ »

2006年4月15日 (土)

ツクシ…ツクシ…つくづくツクシ… 

思いも寄らぬ花冷えとなった。
冷たい雨が一日中降りしきり、時に風まで加わって追い打ちを掛ける。
結局今年の桜は楽しむ暇もなく、水たまりに浮かぶ花びらを、寂しく目で追うのみであった。

ツクシたち さて今宵もツクシのお話を…。
ツクシはスギナの胞子茎、言わば花のような存在であるが、この写真のツクシたちを見比べて欲しい。

一番背の高く見えるツクシと、その右隣に寄り添うツクシ
背の高いツクシは頭が黒っぽくて光を通さない。
これはまだ頭に胞子がたくさん詰まっている状態である。

右に見えるのは、胞子を放出した後のツクシ
こうなると、胞子が散らないので摘むのにも打って付けという感じがするが、このすかすかになったツクシ、何気なく近寄り、思わずはっとさせられた。
明るい陽の光を浴びたその姿には、格別の美しさがあったのだ。
胞子が抜けた空洞を、光の天使たちが通って見せるのである。

ツクシ それはまるで和紙で出来た提灯のよう。
野の花の間から顔を出し、ほんのりと暖かな光を放つ提灯は、いったい何を照らすのだろうか…

これで今年のツクシも見納めである。
相当量の胞子を振りまいて、永遠(とわ)の眠りに付いたツクシたち、いったいどんな夢を見たのだろうか…

|

« にょきにょき… フキノトウ(蕗の薹)(BlogPet) | トップページ | 久しぶりの山 …ドウダンツツジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/9611501

この記事へのトラックバック一覧です: ツクシ…ツクシ…つくづくツクシ… :

« にょきにょき… フキノトウ(蕗の薹)(BlogPet) | トップページ | 久しぶりの山 …ドウダンツツジ »