« にょきにょき… ツクシ(土筆) | トップページ | フキの煮物(BlogPet) »

2006年3月31日 (金)

フキの煮物

フキの煮物フキノトウの赤ちゃん」「にょきにょき… フキノトウ(蕗の薹)」と、2度に渡りフキノトウの話を書いたので、なんだかやたらとフキの煮物が食べたくなってきた。

nancyのフキの煮物は、東北生まれの母 お得意の一品。
しかし、作り方を覚えたのは母が入院中のことだった。
味気ない病院食で食欲低下気味の母のために、せっせと作っては電車で通った日々を、今でも覚えている。

思えばフキの煮物が食卓に上がる頻度は相当高く、隠れたナンバー1だったかもしれないのに、意外にもこちら東海に来てからは、一度も作ったことはなかった。
「農協の即売所」で伸びやかに育ったフキを目にしたとき、たくさんの思い出と共に、その豊かな味覚を思い出したのである。

さて、nancy流フキの煮物
いつものように、レシピなんて複雑なものではないけれど、口にした途端、フキの香りがふわっと広がって、ご飯が進むこと間違いなしである。

材料…フキ1束、醤油、酒、みりん、だしの素(できれば天然のもの)、サラダ油(ごま油でも)

1.フキは、葉っぱごと(下ゆで用の大きめな)鍋に入る程度に切る。
 フキの葉は本当に美味しいので、全部使おう。
2.鍋に水を張り、フキを入れて柔らかくなるまで茹でる。
 (根本の部分に爪が入る程度が目安)
3.茹で上がったら水にさらす。
4.フキが冷めたら、一本一本、皮(すじ?)をむく。フキの端の筋を指先で引っかけて下に引っ張ると、す~っとむけるので、同じ要領で全ての皮をむき、ざるに上げて水を切る。
5.食べやすい大きさに切る。
6.フライパンやアルミ鍋等にサラダ油(ごま油)を熱し、下ごしらえをしたフキを入れて炒める。
7.油が回ったら、だしの素適宜、酒、みりん各大さじ1程度を入れ、最後に醤油を回し掛けて一炒めしてできあがり。

フキは意外に味がしみやすいので、醤油を入れるときは加減して味見をしながら入れること。

下ゆでの時はフキの強い香りが辺りに漂い、娘はちょいと閉口していたが、できあがったフキの煮物には大満足。
今のフキは柔らかくておいしいので、ぜひぜひお試しあれ。

|

« にょきにょき… ツクシ(土筆) | トップページ | フキの煮物(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/9346539

この記事へのトラックバック一覧です: フキの煮物:

« にょきにょき… ツクシ(土筆) | トップページ | フキの煮物(BlogPet) »