« サルトリイバラ (猿獲茨)その2 ~植物分類 | トップページ | セイヨウタンポポ (西洋蒲公英)(BlogPet) »

2006年2月15日 (水)

タネツケバナ(種浸花)

タネツケバナのロゼット つかの間の暖かさに誘われて、ビオトープに行ってみた。
そこで見つけたタネツケバナのロゼット。

タネツケバナ・・・(種浸花) アブラナ科 タネツケバナ属 Cardamine flexuosa 水辺や湿地に群生する2年草(越年草)

タネツケバナは、ナズナによく似た花を咲かせる2年草。
タネツケとは、種もみ米を水に浸けて、苗代の準備をする頃咲く花ということから付いた名で、稲作と密接な関係がある名前である。
無論、水田まわりでよく見かける花であったが、近年nancy家界隈のあぜ道では外来種の「ミチタネツケバナ」がほとんどなので、カテゴリーでは湿地、及び水辺とした。

タネツケバナ タネツケバナのロゼット葉は、本当に可愛らしいと思う。
※奇数羽状複葉で、形が丸っこくて、なんかこう、小さなミトンが二つくっついたような感じ。

※羽状複葉(うじょうふくよう)…小葉が羽根のように葉軸の両側に付いて、一つの葉を形成しているもの(ハゼノキなど) 頂小葉が1枚だと奇数になる。
(ちなみに、タネツケバナの葉は、通常の羽状複葉とは若干様子が違っていることから、羽状に分裂した単葉という見方もある。)

さて、タネツケバナに似た花には、前述の「ミチタネツケバナ」という外来種があるが、これがまったくよく似ている。
「ミチ」と付くように、タネツケバナよりも若干乾燥した場所に分布するのだが、両者混在している場合もあり、見わけるのにはちょっぴり苦労するのだ。
もちろんいくつかの相違点が、あるにはある。

ミチタネツケバナの小葉はほとんど切れ込まない。つまり、上に書いた「ミトン」の指の部分が明確でなく、小葉全体がもっとなだらかに丸い。
また、タネツケバナは茎に毛が生えているが、ミチタネツケバナは無毛である。

タネツケバナの花 タネツケバナは、秋に芽吹いた芽がこうしてロゼット状態で冬を越し、春に花を咲かせる越年草だが、気の早い花はどこにでもいるものだ。
この写真の花など、すでに長角果と呼ばれる※さく果もつけている。
この長角果のつき方にもミチタネツケバナとの違いがあって、タネツケバナの長角果は、真横(写真では、茎に対してほぼ垂直)に張り出すイメージだ。
一方ミチタネツケバナの長角果は、茎に添い、上の方向に向かってつく。
※さく果:ホウセンカのように縦に裂けて種をまき散らすもの

3月並の気温の中、タネツケバナを見ていたら一気に春の気分にもなったが、またまた寒さがぶり返してくる模様だ。
つかの間とは言え暖かさを知った身には、また堪える寒さになるのだろうか…

|

« サルトリイバラ (猿獲茨)その2 ~植物分類 | トップページ | セイヨウタンポポ (西洋蒲公英)(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/8679591

この記事へのトラックバック一覧です: タネツケバナ(種浸花):

« サルトリイバラ (猿獲茨)その2 ~植物分類 | トップページ | セイヨウタンポポ (西洋蒲公英)(BlogPet) »