« ナズナの花 | トップページ | au携帯を遊ぶ …写真フレーム作り »

2006年1月17日 (火)

オオイヌノフグリ (大犬の陰嚢)

オオイヌノフグリ 昨日今日と、季節はずれの暖かさに包まれた。

誘われてオオイヌノフグリも咲き出した。
とは言っても、この写真は先週撮ったもの。
まだまだ寒い風の中、ここでも春の花がたった一つ、しかし元気に咲いていたのである。

オオイヌノフグリ・・・(大犬の陰嚢) ゴマノハグサ科 クワガタソウ属 Veronica persica 花期:3~5月 ユーラシア・アフリカ原産の2年草 明治時代に帰化し、全国でごく普通に見られる。

オオイヌノフグリの名についてはあまりに有名で、今更触れるのも躊躇われるほどなのだが、念のために書けば「ふぐり」=「陰嚢・睾丸」という意味である。
そう果(実)が必ず2つ1セットになっていて、見た目がなんとなく犬の睾丸っぽいというだけだが、こうした「2個セット」のそう果を付ける草は他にもあるのに、なんでまた…?
…とまぁ、ちょっとけったいな、かわいそうなネーミングであるが、「ふぐり」という古式ゆかしき言葉になっているので、なんとか許せているのである。

実はオオイヌノフグリという名前は、古くから日本に生きていた「イヌノフグリ」という在来種に由来する。イヌノフグリよりも大きいから、オオイヌノフグリというわけだ。
イヌノフグリは花の大きさ約3mm。オオイヌノフグリの花は約8mm。)

ところが、そのイヌノフグリは、後からやってきたオオイヌノフグリに、繁殖力の差からどんどん住み処を追われてしまい、現在では山間部にひっそりと、もしくは愛好家の間で栽培されるのみの絶滅危惧種となってしまった。
ちなみにnancyもいまだ見たことがない。なんともせつない話である。

オオイヌノフグリの花オオイヌノフグリの話に戻るが、陽を浴びてるり色に光るその花は、小さいながら美しい。
ちょっぴり専門用語の世界に入ると、花弁は、合弁花なので基部は一つに合着している。または、4裂した一枚の花冠とも言うことができる。
上部の裂片だけが少し濃い色になっていて、他よりも大きいのが見て取れる。
濃同系色のラインが入り、美的センスもなかなかである。

オオイヌノフグリは白飛びしやすい花で、今まで何回か撮影したが、今ひとつきれいに撮れなかった。
というのも、オオイヌノフグリは太陽が大好きで、陽を浴びているときだけに開く性質があるためで、いっぱいに日を受けたご機嫌な花は尚々白く光ってしまい、なかなかその繊細な美しさを写し込むことが難しかったのである。

今回も、露出をいじって数枚撮ったが、どうやら自分の身体を使って日陰を作るのが一番だったようだ。
思いもよらず日陰にされたオオイヌノフグリは、ぶつぶつと不満を並べていたかも知れない。

|

« ナズナの花 | トップページ | au携帯を遊ぶ …写真フレーム作り »

コメント

オオイヌノフグリがもう咲いてるのですか!
子供の頃から僕がいちばん好きな花です。
まだまだ寒くて雪もちらつく春先に、
小さな青い宝石が散らばっているように
咲いているこの花を見ると、春が来た!
って小躍りしてしまいます。

暖かい日だまりに咲くから余計に春を
感じるのでしょうね。
僕が生まれて初めて、花瓶に花を挿した
のがこの花でした。
姉たちの人形の家にあった、小さな花瓶
をこっそり借りて、水を入れてこの花を
挿すと、豪華な活花になりました。

家に持ち帰り、母や姉に自慢していたら、
花がポロリと落ちてしまいました。
その有頂天から落胆への急転直下が、
強く印象に残っています。

40年以上経った今でも、この花を見ると、
その時の歓びと悲しみが、ほんのり淡く
ほろ苦く思い起こされるのです。

オオイヌノフグリをありがとう。

投稿: 山烏 | 2006年1月19日 (木) 22:28

そうなのですよね。
オオイヌノフグリの花は、はらはら…ではなく、
ぽろりと落ちる合弁花。
おまけに一日花で、一日の内ほんの数時間しか
咲かない花なのです。

考えたら、野の花って生けられないものが
多いと思いませんか?

うちの娘も小さな頃、ママに~♪と摘んできては、
お手々を見ると既にぐったり~。
こうなると、水も揚げません。

きれいな野草を仏様に生けた母、あっという間に
しおれてしまったのを見て、
「雑草って、本当に役に立たないんだねぇ。」としみじみ。

やはり、「野におけ」ってことなのでしょうね。

投稿: nancy | 2006年1月20日 (金) 14:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/8210200

この記事へのトラックバック一覧です: オオイヌノフグリ (大犬の陰嚢):

« ナズナの花 | トップページ | au携帯を遊ぶ …写真フレーム作り »