« 虹を追って… | トップページ | トチノキ (栃の木) »

2006年1月 3日 (火)

今年のおせち

早くも三が日が終わろうとしている。
お重に詰められたおせちも食事のたびにだんだんと減っていき、今夕にはとうとう2つのお重に押し込められて、冷蔵庫に収められた。
ぼちぼちお正月もおしまい!である。

おせちというわけで、昨年に引き続き、我が家のおせち画像。
今年は、この3重の他に、かまぼこや伊達巻きなんぞが入ったキティちゃんの小さなお重が一つ加わった。

全て手作りならすごいのだが、両脇2つは北海道からのお取り寄せ。格安なのだがおいしくて、変に「おつなもの」が好きな娘のリクエストである。

残る真ん中のお重だけが、nancyの手作り。
れんこんの煮物、ささがきごぼう、たけのこの煮物、ふきの含め煮、こんにゃくの煮物、黒豆、筑前煮。以上である。
例年はこれに椎茸や、里芋の煮っ転がしが加わったりする。
お芋に関しては海老芋を用意していたのだが、大晦日、残念ながら時間切れとなってしまい、安直に「今年は芋無し!」にしてしまった。(笑)

なんだ、煮物ばっかりじゃない!?そう、そうなのだが、娘はなぜか、この煮物だらけのnancyおせちの大ファンなのである。

nancyは2人姉妹だが、子どもの頃から、おせち作りを手伝うのが大晦日の習わしだった。
子どもでもできそうな仕事は、きんとんに使うさつま芋の裏ごしとか、伊達巻きに加える白身魚をすり鉢であたるとかの単純な作業ばかりであったけど、紅白が終わってご~んと除夜の鐘が聞こえてくる頃には、子どもなりにも一仕事終えた充実感に浸れたものだった。

結局、きんとんも伊達巻きもごまめも余り好きではないので、作るのは煮物ばかりになってしまったが、今年は奮起して黒豆を煮てみた。もう一つ、ふきの含め煮も手作りとしては初登場である。

ま、食べたい物を作ればいいんでないかい?…という、まことにええ加減な「nancy流おせち」の思い出が、なんとなく娘の心に残ってくれたらうれしいな…なんてことを、思っているのである。

|

« 虹を追って… | トップページ | トチノキ (栃の木) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/7989299

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のおせち:

« 虹を追って… | トップページ | トチノキ (栃の木) »