« ノイバラの実 | トップページ | 満月イブとモミジバフウ »

2005年12月14日 (水)

モミジバフウと月

モミジバフウの葉 このところ居座っているきつい寒波のお陰で、近所のモミジバフウの木が一気に葉を落とした。
この写真はほんの4日前のものだが、今ではこの葉も既に落葉しているのである。

モミジバフウ・・・(紅葉葉楓) マンサク科 フウ属 Liquidambar styraciflua 別名:アメリカフウ

モミジバフウは、北米~中南米原産の落葉高木で、今年の1月に書いたフウとは同属である。
フウの葉が3裂なのに比べ、モミジバフウの葉は5裂。
フウはカエデに似ているが、モミジバフウは更に葉が繊細になって、まるでモミジを思わせる様子からその名が付いた。

フウ属とカエデ属。
カエデやモミジはカエデ科だが、フウは、マンサク科。
よく似た両者だが、実はまったく違う。

モミジバフウの実 枝に対する葉柄の付き方(フウ属は互生)など、違いはいくつもあるが、一番大きな違いは、その実にある。
カエデ属の実は、2005.05.07にモミジの実!で書いたとおり、果柄に対して2個の種子がプロペラのような翼を持つ。
かたやフウ属の実は、見ての通りちくちくのボール型である。
おまけにこの実一つが一個の種子かと思ったら大間違いで、イガイガの一つ一つが部屋になっており、あの大きくそびえ立つ図体からは信じられないような、細かく繊細な種子がたくさん入っているのである。

フウの木と月多くの実が既に落ち、木に残る実もずいぶん少なくなってきたモミジバフウ

東の空には、まだ5時前というのに月がこんなに明るく見える。

そろそろ帰ってくるころかな…
痛いほどに凍える両手に息を吹きかけると、ちょうどあの月の下あたりに、娘の漕ぐ自転車が見えた。

|

« ノイバラの実 | トップページ | 満月イブとモミジバフウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/7624539

この記事へのトラックバック一覧です: モミジバフウと月:

« ノイバラの実 | トップページ | 満月イブとモミジバフウ »