« 御在所へ その6 ~アセビ (馬酔木) | トップページ | 下界へ… »

2005年12月 4日 (日)

御在所へ その7 ~サラサドウダン(更紗満天星)

サラサドウダンの冬芽 御在所岳の頂上付近で咲く花は、圧倒的にツツジの仲間が多い。
耐寒性がきわめて高いゆえのことだが、昨日のアセビもしかり、もちろん今日のサラサドウダンもツツジ科だ。

サラサドウダン・・・(更紗満天星) ツツジ科 ドウダンツツジ属 Enkianthus campanulatus 花期6~7月 別名フウリンツツジ

御在所サラサドウダンは既に冬芽だけになっていた。
そういえば、公園などでこうした冬芽を頻繁に見るようになると、冬真っ盛りの頃ということになる。

元々は野生の樹木だが、公園などでも多く植栽されているので、初夏には身近な場所で、その愛らしい風鈴のような花を見ることができる。

ドウダンツツジ属の紅葉の美しさは群を抜いていて、まさに花よし、葉よしと言ったところだが、nancy的にはこの冬芽の状態も可愛らしくて好きだ。
ふっくらとした頂芽はまるで蝋燭の炎のよう、さしずめ真冬に灯す小さな燭台といった風情が、なにか心を暖めてくれるのである。

|

« 御在所へ その6 ~アセビ (馬酔木) | トップページ | 下界へ… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/7469961

この記事へのトラックバック一覧です: 御在所へ その7 ~サラサドウダン(更紗満天星):

« 御在所へ その6 ~アセビ (馬酔木) | トップページ | 下界へ… »