« クロガネモチ(黒鉄黐) …気になる赤い実 | トップページ | ガマの綿毛 …湿地の植物 »

2005年11月 6日 (日)

ブースカの貯金箱

11月に入ってからイベントがたて続き、今週はあっという間だった。
そして、連休最後の今日は、11月前期のラスト・イベントである、地域の文化祭だった。

ブースカの貯金箱 うちの学童では設立当初から参加して、模擬店とフリーマーケットを出店している。
準備から撤収まで、学童の保護者たちで執り行うのだが、目的としては、「貧乏な学童に少しでも利益を…」というよりも、「まつり」に積極的に参加してもらって、皆で一つのことを成し遂げるという共通意識を持って貰いたいというのが狙いであるから、なにより大切なことは、「売れるかどうか」よりも、「いかに楽しめるかどうか」なのである。

また、子どもたちもこの「まつり」を大変楽しみにしている。
年に一度、自由に買い食いができるチャンスであるし、屋台というのものは大人にとっても子どもにとっても、実にわくわくさせてくれる代物なのだ。
くじをひいたり、好きな中古のおもちゃを買ったり、ネギ焼きやたこ焼きを食べたり…
きっと忘れられない一日になっただろう。

娘はというと、フリマの売り物としてビーズのリングやチャームをいくつも作り、「作る楽しさ、売れる楽しさ」を見出したようで、早くも来年度の構想に燃えていた。

今日は生憎の天気となって朝からしとしとと雨が降り続いたが、幸いなことに暖かさはあったから、意外な盛り上がりを見せたように思う。
それでも午後2時ごろからは相当な雨足となって、祭りもとうとう幕を引かれることとなった。

それからが一仕事で、撤収して(小学校から借りた)テントを畳むまで、ずっと土砂降りの雨の中。
学童に戻ってみれば、全員が濡れ鼠状態となっていた。

その後、売れ残った品物を整理しながら、欲しいものを見つけてはgetしていく。
というわけで、写真のブースカの貯金箱は今年の戦利品。(nancyはブースカが好きなのである)

何のことはない、自宅の不要品をフリマに持ち込んでは、違う品を買って持ち帰るわけで、結局「行ってこい」となり、家の中はちっともすっきりしない。

売り込みで声はがらがら、足は立ちっぱなしで棒のよう。
ちょっと大変ではあるけれど、終わってみればやっぱり楽しい「おまつり」なのだ。

|

« クロガネモチ(黒鉄黐) …気になる赤い実 | トップページ | ガマの綿毛 …湿地の植物 »

コメント

雨の中お疲れ様でした。
誰かにやらされて、手伝わされている、のではなく、
こういう状況を一緒に楽しむ、ってことが、
大事だよね。
来年は雨が降りませんように・・・

投稿: LNY | 2005年11月 7日 (月) 08:54

雨のわりには暖かかったので、良しとしましょう。
これで風でも吹いたらえらいこっちゃだった。(^^;)
今日は午前中まるまるダウンでした。
さて、今夜からはまた野草ネタに戻ろうかな…

投稿: nancy | 2005年11月 7日 (月) 12:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/6935473

この記事へのトラックバック一覧です: ブースカの貯金箱:

« クロガネモチ(黒鉄黐) …気になる赤い実 | トップページ | ガマの綿毛 …湿地の植物 »