« 山のムラサキシキブ | トップページ | ユリノキ (ハンテンボク) »

2005年11月17日 (木)

スズカアザミ (鈴鹿薊)

スズカアザミの花 秋の山を歩くと、淡い色のアザミに出会う。

スズカアザミは、静岡から東海及び近畿地方固有のアザミで、暑さが残る9月から寒さを感じる11月までと、秋を通して咲いてくれるアザミだ。

スズカアザミ・・・(鈴鹿薊) キク科 アザミ属 Cirsium suzukaense  花期:9~10月

スズカアザミは、春の力強いノアザミに比べ、なんだか心許ないほど優しげな表情を見せる。
初めて見たときはまだ暑い頃だったので、ノアザミの花の終わりなのかと一瞬思ったが、考えたらもう9月、ノアザミが咲いているはずもなく、見ればどの花もこんな薄めの紅紫色で、これはまったく違う種類のアザミなのだと気が付いた次第。
ノアザミの強烈なイメージが強すぎたばかりに、スズカアザミには申し訳なく思った。

スズカアザミ スズカアザミは、アザミの中ではそれほど大きな種類ではない。
nancyが見たのはどれも草丈1mに満たなかった。
その頭花は、みっちりと咲くマアザミに比べると、若干すかすかした印象で、花の根本部分である総萼片と呼ばれる部分はやや反り返る程度、葉は長楕円形で先は尾状にとがっている。
と言うわけで、アザミとしては全てに細く長い感じだ。

アザミというと、その美しさの反面、人を寄せ付けないところがあるが、山のスズカアザミは、どこかほっとさせてくれる花。

その花は、秋を通して山行く人をなぐさめて、いつも変わらぬ存在を伝えている。

|

« 山のムラサキシキブ | トップページ | ユリノキ (ハンテンボク) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/7174596

この記事へのトラックバック一覧です: スズカアザミ (鈴鹿薊):

« 山のムラサキシキブ | トップページ | ユリノキ (ハンテンボク) »