« 炊飯器のバースデーケーキ | トップページ | ぷち登山 その2 »

2005年11月13日 (日)

ぷち登山

前から、この日曜は紅葉を見に行こうと約束していたのだが、そうした場所は今がシーズンのピークらしく、どこもかしこも人人、車車で大渋滞だと聞いた。
そこで、今日はもう紅葉はあきらめて、人混みを避けた穴場へ行ってみることにした。

sandou01

まずは駐車場に車を止めて、とある観音寺を目指す。
狙いは的中、日曜というのに歩く人はまばらで、時折親子連れや老夫婦とすれ違うくらい。

そこには、年月を重ねた檜の森の中に佇む小さな観音堂があり、この参道が実にすばらしかった。
ヒノキたちにいざなわれて、まっすぐに伸びた白い道を歩く。
石を踏む音だけが響いて、全ては静寂に包まれるのである。
…が、まぁ、こちらは2人+1匹の珍道中であるから、静かさとは縁遠い世界なのであるが…

そのまま東海自然歩道に入る予定でいたのだが、観音寺の奥が標高500mちょいの山であり、「登山口」という小さな立て札を見るにいたって、好奇心旺盛なnancyと娘、「ちょっと行ってみようか…」という話になるのは当然のことと言えた。
いったいどんな道行きになるのだかわからないまま、登ってみたのである。

yamamichi01こう見えても昔から疲れることが嫌いだったので、いわゆる登山道と言われるものにはあまり縁がない。
道と言うからには整備され、行き交う人と挨拶を交わしながら登るものだと心得ていたから調子が狂った。
この山道、人一人歩ける程度の幅しかなく、所によっては斜度がきつく木の根っこが階段代わりだったり、道の両脇からシダ植物が幾重にも覆い被さった、昼なお薄暗い、「道」というよりも「溝」のようなところを通ったりと、なかなかスリリングなぷち登山だったのである。

というわけで、この続きは、明日へ。

|

« 炊飯器のバースデーケーキ | トップページ | ぷち登山 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/7094971

この記事へのトラックバック一覧です: ぷち登山:

« 炊飯器のバースデーケーキ | トップページ | ぷち登山 その2 »