« ヤブマメ (藪豆) | トップページ | ヘビノボラズの実 ~湿地の植物 »

2005年10月19日 (水)

ナツアカネ ~真っ赤で小さな赤とんぼ

natsuakane-450 赤とんぼについては、若いアキアカネショウジョウトンボミヤマアカネと、3種のトンボをご紹介してきた。

今日の写真は、おそらく今年最後の赤とんぼになるだろう。
ナツアカネは、上記の3種の中では、一番小さなトンボだ。

ナツアカネ・・・ Sympetrum darwinianum 大きさ 35-40mm 時 期 7-11月 分 布 北海道・本州・四国・九州

名前はナツアカネだが、秋になってnancy家の庭に頻繁に訪れるようになった。最近では毎日のように見かける真っ赤で小さなトンボである。

成熟期のオスは、アカトンボの代名詞であるアキアカネよりも遙かに赤く、どこまでも赤く染まってしまう。しかし、秋の空が透けて見えるほどにその翅はあくまで透明である。

ナツアカネが止まっているのは、華麗に咲き誇っていたヒガンバナの、花後の姿だ。

この風景が封じ込められる一瞬、秋がより深まってきたのを肌で感じていた。

(参考サイト:昆虫エクスプローラ

|

« ヤブマメ (藪豆) | トップページ | ヘビノボラズの実 ~湿地の植物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/6480929

この記事へのトラックバック一覧です: ナツアカネ ~真っ赤で小さな赤とんぼ:

« ヤブマメ (藪豆) | トップページ | ヘビノボラズの実 ~湿地の植物 »