« イシミカワ | トップページ | ホシアサガオ ~外国からきた花 »

2005年10月 1日 (土)

アキノタムラソウ (秋の田村草)

akinotamurasou00久しぶりに山に行ってきた。
まずは車を止め、雑木林の中の小道を登っていくのだが、今日一番のお出迎えは、アキノタムラソウだった。

アキノタムラソウ・・・(秋の田村草) シソ科 アキギリ属 Salvia japonica 

シソ科、アキギリ属のこのお花は、花穂がすっくと伸びていて、全身を写真に収めるのが難しい。
写真の花で、草丈だいたい30cm程度か…
サルビアもこの仲間なので、思い浮かべて頂くと想像しやすいかもしれない。akinotamurasou01
学名もSalvia japonicaと、まさに「日本のサルビア」なのである。

山野で見かける澄んだ青紫色… 
春のスミレもそうだが、なんとなくどきりと心奪われてしまうものだ。そこはかとなく色気がある花とでも言おうか。
おまけにアキノタムラソウはこっちを向いてくれる花ではなく、お日様の方向に揃って向いてしまう為に、なんとなくそっぽをむかれてしまうことが多い。あら?今日も振られたかな…?

akinotamurasou02 と思ったら、こちらを向いてくれている花を発見。
その花をよく見てみると、もしゃもしゃとした白い毛が多いことに気が付く。
写真、向かって一番右の花。上からちょこんと出ている白いのが雌しべ。その花の下に、二つ黒くぶらさがって見えるのが、雄しべだ。

アキノタムラソウの花、「大口を開けたカバの顔」と言われるらしいのだが、もうちょっとかわいげのある表現の方が似合いそうな花である。

さてさて、ちびカバさんたち、お名残惜しいけど…と別れを告げて、山の小道を急いだ。

|

« イシミカワ | トップページ | ホシアサガオ ~外国からきた花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/6207952

この記事へのトラックバック一覧です: アキノタムラソウ (秋の田村草):

« イシミカワ | トップページ | ホシアサガオ ~外国からきた花 »