« 秋の散歩 …ヤマトシジミのデート | トップページ | ノブドウ (野葡萄) »

2005年10月27日 (木)

ホトケノザ(仏の座) …秋に咲いた春の花

最近ココログの編集がめちゃ重くて参っている。
トラックバック・スパムが大量に 送られたからだということだが、写真のアップロードなど、何をするにも数分かかってしまう。困ったものだ。

hotokenoza-akiさて、昨日の散歩では、意外なお花たちにお目に掛かった。
その一つが、このホトケノザである。
ご存じ通り、春の代表的な花だ。

ホトケノザ・・・シソ科 オドリコソウ属 Lamium amplexicaule 花期:3~6月

もっとも、ホトケノザが秋に咲くのは、それほど珍しいことではないらしい。
ホトケノザは2年草であるから、通常は秋に発芽して赤ちゃんの状態で越冬し、春に開花するのだが、条件が良ければその年に芽生えてすくすくと育った苗が、こうして花を付けることも有り得るのだ。

ホトケノザは「閉鎖花」を持つ。
閉鎖花についてはヤブマメキキョウソウで書いたが、この写真にも写っている「小さくて開いていない花」のことで、つぼみのまま、単為生殖で結実するのである。
唇形花が受粉できなかった場合に、次代へ確実に遺伝子を残すための2重の策であって、いかに小さな野の草であっても、種の保存とは、例外無き至上命令であるということを、考えさせられずにはいられない。

今年の春、きれいなホトケノザの写真を撮りながらも、なんとなくなのだが、記事に書くことはなかった。
また来春まで思い出を残しておこうと思っていたから、この写真の花に出会ったときには、ちょっとうれしい気分になった。

|

« 秋の散歩 …ヤマトシジミのデート | トップページ | ノブドウ (野葡萄) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/6691998

この記事へのトラックバック一覧です: ホトケノザ(仏の座) …秋に咲いた春の花:

« 秋の散歩 …ヤマトシジミのデート | トップページ | ノブドウ (野葡萄) »