« アレチヌスビトハギ …外国から来た花 | トップページ | ホトケノザ(仏の座) …秋に咲いた春の花 »

2005年10月26日 (水)

秋の散歩 …ヤマトシジミのデート

天気が下り坂に向かっているせいか、今日の夕方は風もなく気温も高めだった。
娘が部活無しで早めに帰ってきたので、ミルクと散歩に繰り出した。

yamatoshijimi01いつもの道ではなく、違う畦道へ。
一歩一歩歩くたびに、何やら小さいものがぴょんと飛び出す。
ちょっと前はアマガエルやヌマガエル、コオロギが主役だった。
それが、気温の低下と共に飛び出す質量が若干変わってきたように感じる。葉の揺れ方が軽いのである。
つまりは、もっと小さな虫たちとか。ヨコバイの類とか。

そして、写真のヤマトシジミがずいぶんと多いことに気が付く。
おまけにこちらはデートの真っ最中!
つかの間の逢瀬のじゃまをしないよう、そぉ~っと通り過ぎる。

ヤマトシジミ・・・Pseudozizeeria maha 大きさ (前翅長)9-16mm 時 期 3-11月 分 布 本州・四国・九州・沖縄

ヤマトシジミは、なりは小さいけれど丈夫な蝶で、なんと11月くらいまでは平気で飛んでいる蝶。
蝶が成虫でいる期間はそんなに長いはずはないのだから、つまりは、年に数回は繁殖をする。
そんな彼らと縁の深い草はカタバミ。
春にカタバミとベニシジミで書いたが、それこそ出会い物のようにいつも近くにいる。
この地でカタバミが枯れ果てることなど無いのだから、彼らの将来も安泰というわけだ。

さすがに夕方ともなれば動きも鈍く、おおかたはじっと何かにつかまって休んでいるのだが、騒がしい一団が通るたびに、大あわてでチラチラと飛ぶヤマトシジミに、「ごめんねぇ」と声を掛けた。

(参考サイト:昆虫エクスプローラ

|

« アレチヌスビトハギ …外国から来た花 | トップページ | ホトケノザ(仏の座) …秋に咲いた春の花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/6648051

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の散歩 …ヤマトシジミのデート:

« アレチヌスビトハギ …外国から来た花 | トップページ | ホトケノザ(仏の座) …秋に咲いた春の花 »