« ホトケノザ(仏の座) …秋に咲いた春の花 | トップページ | スカシタゴボウ (透かし田牛蒡) »

2005年10月28日 (金)

ノブドウ (野葡萄)

nobudou01 秋にはいろいろな実がなるけれど、その中でもひときわ素朴な美しさを持つノブドウの実。

ちょうど去年の今頃、山で初めてノブドウと対面したときは、秋空の下、そのつるを水際の低木に絡ませていたっけ。

ノブドウ・・・(野葡萄) ブドウ科 ノブドウ属 Ampelopsis brevipedunculata var. heterophylla 花期:7~8月

ノブドウはつる性の木本で、いかにもブドウらしい葉を持ち、夏にヤブガラシに似た花を咲かせ、秋には色とりどりな実を付ける。
その実は本当にカラフルで、写真のような白や緑、青緑、グレーやるり色、紫、水色などなど…。
今回の写真は、見ての通りちょっとさみしい感じだったので、また後日いい写真が撮れたらアップすることとしたい。

実はこの夏、近所でノブドウが育ってるのを見つけて、実が色づくのを楽しみにしていたのだが、それを待つことなく刈られてしまったのである。
仕方のないことなのだが、これにはちょっとショックだった。
なので、このノブドウの実を見つけた時には、思わず即エントリしたくなってしまったのだ。

秋の山を彩る小さなノブドウの実。
ただし、残念なことにその実はまずくて食べられない。
おまけにつるを切ってきて飾っても、その実はすぐに色あせてしまう。

そんな、なんの役に立ちそうもないノブドウだが、大変薬効に優れ、古くから漢方薬として役立てられてきた。
薬としての主役は一見目立つ「実」ではなく、「茎葉や根茎」だったのである。
その薬効たるや、関節痛、腰痛、糖尿病、肝臓病など、幅広く効果があるといい、外用薬に、またノブドウ茶として飲むなど、民間薬としての人気は意外に高い。
なにせ付けて良し、飲んで良しとくるのだから、これはもう、ちょっとした山のスーパーヒーローなのである。

もう、「まずくて食べられない」なんて言わせない。
ノブドウの魅力は、単にその可愛い実だけではなかったのである。

|

« ホトケノザ(仏の座) …秋に咲いた春の花 | トップページ | スカシタゴボウ (透かし田牛蒡) »

コメント

私も野葡萄に魅せられた一人です。
酒 薬の飲みすぎで 肝臓のほうが少し。
まだ良くはなっていませんが
一緒に始めた友人は少し 少し 改善?
頑張り最中です。
名前 るるは愛犬 パピヨンの名前です。
今度 野葡萄を庭に植えたい?

投稿: るる | 2009年5月27日 (水) 10:15

るるさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

野ブドウは、実も葉も魅力的ですよね。

ご友人には効果があったとのこと、るるさんもご快癒されることをお祈りいたしております。

奇遇にも、「nancy」は、昔飼っていたパピヨンの名前です。

投稿: nancy | 2009年5月27日 (水) 16:11

家のペットも縷縷(るる)です。
同じくパピヨン (老人いや老犬です。

肝臓が少し悪く 野葡萄の愛好家。
葉を煎じて飲んでいます。
お酒の飲みすぎと主治医は言います?
少し結果が良くなりました。

今後も続けたいと思っています。
          宜しく

投稿: 縷縷(るる) | 2009年8月17日 (月) 18:31

前日 血液検査の結果がが出ました。
結果 (^u^)でした。
長く続けた結果と自己満足です。
もっと もっと続けます。
でも、最近 見つけるのが困難になってきました。

投稿: 縷縷 | 2011年5月22日 (日) 05:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/6713611

この記事へのトラックバック一覧です: ノブドウ (野葡萄):

« ホトケノザ(仏の座) …秋に咲いた春の花 | トップページ | スカシタゴボウ (透かし田牛蒡) »