« 月とススキと里芋と…(BlogPet) | トップページ | 雨の中のアメリカディゴ »

2005年9月26日 (月)

クズの花 (葛の花)

kuzu01 このお花はな~んだ?

タイトルでおわかりの通り、これはクズの花。
クズ…もちろん、屑…のわけが無く、あの食べられるである。

クズ・・・(葛)マメ科 クズ属 Pueraria lobata 花期…7~9月

クズは、日本の山野に自生する蔓(つる)性植物であるが、「こんなにきれいな花だったのね~!」という声が聞こえてきそうである。
そりゃマメ科の花だもの、華やかさは天下一品。ただし、葉の繁りの勢いが強いので、たいていの花は葉っぱにうずもれた状態になっているのがちょっと残念。

kuzu-ha nancyが初めてクズの花を見たのは、まだ娘が小さい頃、とある山でのことだった。
その頃は、特別花には興味もなかったのだが、それでも山野をバックに、よく生い茂った3小葉からなる大きな葉と、6mにもなるという長い蔓、藤の花を逆さにしたような赤紫色の花の取り合わせは印象的で、クズという名前を聞いてさらに驚いたのを記憶している。

クズと言えば、くず粉クズの根にはデンプンが蓄えられていて、根からくず粉を採るわけだが、もう一つ、葛根と書いて、「かっこん」と読めば、それは漢方薬の葛根湯である。発汗解熱に優れた風邪薬として有名である。

kuzu02 風邪をひいたときには葛湯(くずゆ)を飲む。
小さい頃は、この葛湯が、具合悪い中での「小さなお楽しみ」だったのだが、生憎、娘はこの葛湯が好きではない。
っと、話は飛んだが、くず粉は高いので、通常家庭ではジャガイモ澱粉の片栗粉を使ってこの葛湯を作ると思う。
これはこれで身体が温まって、痛む喉にも優しいのだが、くず粉で作れば、値段は高いが当然葛根の効き目も期待できるというわけだ。

さて、9月も終りに近づいた。そんなクズの花を見るのもあと少し。
いよいよ、本格的な秋がやってくる。

 

|

« 月とススキと里芋と…(BlogPet) | トップページ | 雨の中のアメリカディゴ »

コメント

はじめまして。
フムフム 葛について色々分かりました。
ハナタデについても(実は知人から話だけ聞いていたのです。
写真は初めてみました。)
わたしは趣味で押し花をしています。
押し花をするようになってから、雑草のような草花にも
注意を向けるようになりました。
わたしも葛について押し花という見地から書いてみました。

植物に対する愛情のこもったブログは なかなかよいと思います。これからも楽しみにしています。いろいろ学ばせてください。

投稿: 帆織 | 2005年10月11日 (火) 21:47

帆織さん、ようこそいらっしゃいました。
押し花、私も少しだけやったことがあります。
今ではこうして写真を撮るだけですが、
雑草と言われる花たちの雄弁さを感じます。
葛、状態の良い花には、なかなか出会えませんが、
葉の伸びやかさも大好きな花です。
またいらして下さいね。お待ちしています。

投稿: nancy | 2005年10月11日 (火) 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/6136388

この記事へのトラックバック一覧です: クズの花 (葛の花):

» たとえば、そんな日常は [Wild Strawberry]
この頃、空気が乾燥して なにかと気持ちいいと思っていると なにやらまた 台風が接近しているようですね。 いつかの長雨で、むすこの学校の中履きの洗濯が乾かず 「どうしよ・・・」困り顔のわたし、 と、うちのが「オレに言ったってぇ〜、お前、乾燥のプロだろ?」 そう、わたしは押し花を押す乾燥シートと保存するためのシートを 朝といわず、夜といわず、家事の合間に 布団乾燥機で、電子レンジ... [続きを読む]

受信: 2005年10月11日 (火) 21:31

« 月とススキと里芋と…(BlogPet) | トップページ | 雨の中のアメリカディゴ »