« ヒカゲノイノコズチ (日陰猪子槌) | トップページ | 森の中で …アシグロツユムシ »

2005年9月 9日 (金)

ムカデ競争の下駄

娘の通う中学の体育祭だった。

へぇ、去年までは「運動会」だったのに、ちがうんだ・・・
聞けば、お弁当を家の人と食べるわけでもないし、シートを広げて場所取り合戦なるものもないそうな・・・
(もっともこれは小学校でも無かった。なぜなら、座る場所を、地区別に厳しく区切られていたからである。)

で、中学の体育祭では、行かない人も多いらしいのだが、娘の「来て欲しい。」の一言で、やっぱり行ってみることにした。

行ってみると、なるほど保護者はテント内でパイプ椅子に座って観戦である。これが、中学の体育祭というものか・・・あまりの違いにちょっとびっくりである。

mukade…で、写真は、なんだと思う?・・・って、タイトルの通り、ムカデ競争の下駄である。
へぇ!こんなものがあるんだ!売ってるのかなぁ?と、しばし感激して見つめてしまった。

2学期に入って、たった4回の練習で本番を迎えたにしては、なかなかきちんとしていたのが印象的だったが、「運動会」ではない「体育祭」では、ダンスや組体操もなく、演技という場面はまったく出てこない。
しかし、見ているうちに、「これでいいんだよねぇ。これで…」 と思ってしまった。

趣を凝らした出し物はなく、基本的には「走る」ばかりの体育祭だが、意外なほど盛り上がる子どもたちがそこにいた。
3年生のリレーでは、感極まって泣いてしまった女の子たち。
なぜなら、小中と一緒の学校に通ってきた仲間と走るリレーも、今日で終わりなのだ。

昔は、お母さんがお弁当をたくさん作って、一家で繰り出しただろう運動会。運動会が、一つの大事な娯楽であったころも、今は昔。
気温が確実に高くなってきている昨今、9月の中旬に行うにはあまりに暑すぎる。
これでは、観ている方も演じる方も、へたをしたら命がけである。

そろそろ、子どもたちに運動会を返してやっても、いい頃合いなのかもしれないな… 
そんなことを思いながら、一度も会えなかった娘の姿をファインダーの中で追っていた。

|

« ヒカゲノイノコズチ (日陰猪子槌) | トップページ | 森の中で …アシグロツユムシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/5866013

この記事へのトラックバック一覧です: ムカデ競争の下駄:

« ヒカゲノイノコズチ (日陰猪子槌) | トップページ | 森の中で …アシグロツユムシ »