« あかとんぼが飛ぶ空 ~ショウジョウトンボ | トップページ | 夏休み最後の夜 …ヤブランとプリンタートラブル »

2005年8月30日 (火)

夜更けのヤモリ

yamori 昨夜… 寝る前に歯を磨こうと、宵っ張りな娘と二人で洗面所に行くと… 
こ~んなお客さんが、窓の外側に貼り付いていた。

これは、ヤモリだ。おそらく、ニホンヤモリだろう。
足先のぽちぽちが実に愛らしく、思わず見とれてしまった。

ニホンヤモリ・・・爬虫類 有鱗目トカゲ亜目 ヤモリ科  Gekko japonicus  本州、四国、九州、対馬  全 長
10~12cm 

よく似たイモリは両生類。ヤモリは爬虫類。両者には全く繋がりはない。ちなみにトカゲも爬虫類。ま、どちらもnancyは好きなのだけど・・・

※余談だが、WEBブラウザの話でよく目にする「Gekko」は、ヤモリの英名。Gekkoは、htmlを描画するGekkoエンジンのことで、Firefoxが代表的ブラウザだ。ちなみに、nancy現在愛用中のSleipnir 2.00 beta4は、IEエンジンとGekkoエンジンを簡単に切り替え可能である。

…話はヤモリに戻る。
あわてて「カメラ、カメラ!」と取りに行くその間にも娘は観察を続け、「わ~!ママ、ぺたぺたしてるよぉ~!」

「ぺたぺた」とは、その足の動きである。足先の丸いぽちぽち…と表現したが、一見吸盤のようなしろもので、身体のバランスに対していささか大きすぎるような、そこがまたたまらなくかわいいのであるが、その足を、ゆっくりと、ゆっくりと…、持ち上げて前方に運んでは、ゆっくりとおろし、丸いぽちぽちをぺたぺたと窓ガラスに貼り付かせている。その繰り返しでヤモリは前に進んでいる。すなわち、「歩いている」のだ。
この、丸いぽちぽちだが、なかなか興味深い。吸盤のようで、吸盤ではないのである。

Wikipediaに、以下の説明があった。

垂直なガラスにも登れるため、よく指には吸盤があるといわれるが、実際には指の鱗に生えている目に見えない細かい鉤型の毛を僅かな凹凸に引っ掛けている。

近年、垂直な面に接している細かい毛の表面と垂直面との間に働く「ファンデルワールス力」によって、垂直面に張り付いているとする研究報告もあり、新しい接着剤の開発に応用が期待されている。

※ファンデルワールス力は、原子、分子間などに働く力の一つ。その力は非常に弱い。この力によって出来る結合を、ファン・デル・ワールス結合と言う。

   出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 より

さて、またまた話は昨夜のヤモリに戻ろう。
夜更けの洗面所。…ちょっと想像してみて欲しい。
母娘が頬をくっつけ合い、真っ暗な窓の向こうを見つめているのである。やってる本人すら、「これはきっとおもしろい図なんだろうなぁ…」と、撮影したくなってむずむずした。
かわいい~、かわいい~!を、どれほど連発したろうか。重ねて書くが、深夜の洗面所である。(笑)
これは、ヤモリに遭遇した者でなければわからないだろう。それほど、魅力いっぱいな生き物なのだ。

ニホンヤモリは、古くから「家守」と呼ばれ、「家を守る」「ヤモリの住む家には悪いことが起こらない」などと言われて、日本人に愛され続けてきた。

ヤモリが住む家。
なんとなくうれしくなってきて、うちのヤモリがいつまでも平和に暮らせることを、心から祈らずにはいられなかった。

|

« あかとんぼが飛ぶ空 ~ショウジョウトンボ | トップページ | 夏休み最後の夜 …ヤブランとプリンタートラブル »

コメント

えっ!
イモリとヤモリとトカゲって、
全然違う生き物なんですか?!
私には区別が付きませんが、
以前よく見かけたヤツは
確かに同じシルエットでしたから、
ヤモリ、でしょうね。

投稿: LNY | 2005年8月31日 (水) 06:27

イモリは水の中にいますね。
お腹が真っ赤だったりと、ちょっと毒々しい感じがします。
トカゲは前にも書きましたが、指先にはあんな丸いぽちぽちはありません。カナヘビも同様。
つまり、窓ガラスにぺたっと貼り付けるのは、ヤモリだけ、ですね。
ヤモリは頭も大きめで、なんとなくアニメキャラチックなシルエットです。
本当にかわいいですよね。


投稿: nancy | 2005年8月31日 (水) 11:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/5715913

この記事へのトラックバック一覧です: 夜更けのヤモリ:

« あかとんぼが飛ぶ空 ~ショウジョウトンボ | トップページ | 夏休み最後の夜 …ヤブランとプリンタートラブル »