« ヒメオトギリソウ …湿地の植物 | トップページ | カキラン …湿地の植物 »

2005年7月16日 (土)

サギソウ …湿地の植物

サギソウサギソウという花を、知らない人は少ないかもしれない。

サギソウ・・・(鷺草)  Habenaria radiata  ラン科 ミズトンボ属 

時は戦国時代。戦いのさなか、世田谷城のお姫様が白鷺に文を託したが、その鷺は射落とされ、落ちたところに咲いた花がサギソウであるという。
こんな話が本当に思えるほど、サギソウの姿は、まさに白鷺の飛ぶ姿そのものだ。

nancyのふるさとは、東京世田谷なのだが、サギソウは世田谷区の花として、区民に愛されてきた。なにかのイベントで無料で配られたときもあったように記憶してるし、それほど高価な花でもなく、珍しいという感覚はなかった。

たしかに、園芸種としてのサギソウは、珍しいものではない。球根を水苔に植え付けて育てれば、比較的容易に花を咲かせることができる。しかし、湿地に自生する個体は近年激減し、もはや絶滅が危惧されている花なのだ。

つまり、サギソウは、ふるさとを失った花なのである。人間に寵愛され、美しい鉢の中で育てられてはきたが、もはやふるさとの湿原には戻れないのだ。

ここで素朴な疑問が沸くことと思う。
「簡単に育てることができるなら、それを湿地に戻してやれば良いではないか?」

答えは、Noだ。
なんとかサギソウを湿地に増やそうと苦心しても、一度湿地から出たものは、もう二度と戻れないという。どう工夫して植え付けても、球根が水を吸わないのだという。

サギソウ
の、凛とした精錬潔癖さが伺えるが、なんとも哀しい話である。
これぞ、現代の白鷺伝説ではないだろうか・・・

|

« ヒメオトギリソウ …湿地の植物 | トップページ | カキラン …湿地の植物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/4999613

この記事へのトラックバック一覧です: サギソウ …湿地の植物:

« ヒメオトギリソウ …湿地の植物 | トップページ | カキラン …湿地の植物 »