« クマヤナギ …湿地周辺の植物 | トップページ | オオカマキリの子ども »

2005年7月27日 (水)

ハグロトンボ …水辺にて

ハグロトンボしばらく「湿地周辺の植物」が続いたので、ちょっと一服?しようかな。

さて、水のあるところにはトンボがいる。蓮池あたりだけでも、数種のトンボを見かけた。
写真のトンボは、ハグロトンボ。名前の通り、羽は漆黒、そして、このボディの光沢のある青緑はどうだろう・・・ 思わずため息の出そうな、何とも言えないグラデーションではないか!

ハグロトンボ・・・トンボ目 Calopteryx atrata 大きさ 57-67mm 時 期 4-7月 分 布 北海道・本州・四国・九州 (参考サイト:昆虫エクスプローラ

一口にトンボと言っても好む場所は様々で、ハグロトンボはどちらかというと薄暗いところが好き。いつも、このアジサイ付近でnancyを出迎えてくれる。この時など、3匹がらみで恋のデッドヒート真っ最中、あっちでひらひら、こっちでひらひら、見ているだけでもまことに楽しかった。

このハグロトンボ、割と低い場所を、ひらひらひら…とゆっくりと飛んでは葉につかまり、つかまったと思ったら、またひらひらひら…と飛ぶ。動きそのものはあまり速くないので、簡単に撮影できそうに見えるのだが、意外にくせ者で、葉に止まったところを撮ろうとするこちらの動きを敏感に察知して、すぐにひらひらひら…と飛んでしまう。そして、また止まってはひらひらひら…… その繰り返しで、なかなかまともに撮れないトンボなのだ。

トンボがじっとしてくれていると、今度はこの細いボディの為に、nancy愛機のピントがなかなか合わない。やっとこピントが合ったときには、すでにハグロトンボはファインダーの中から消え失せているといった次第。

この写真も、実は3度目の来訪時でやっと撮れた。振られ続けた恋人に、やっと「yes」と言ってもらえた瞬間だった。

|

« クマヤナギ …湿地周辺の植物 | トップページ | オオカマキリの子ども »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/5170116

この記事へのトラックバック一覧です: ハグロトンボ …水辺にて:

« クマヤナギ …湿地周辺の植物 | トップページ | オオカマキリの子ども »