« オオカマキリの子ども | トップページ | オトギリソウに誘われて… ~アブラゼミ »

2005年7月28日 (木)

カマキリに誘われて… ~オトギリソウ~

オトギリソウ久しぶりに山に行った。それも二日続けて。
ちょっとずれるが、一日目(昨日)の話。

カマキリとの出会いがきっかけになり、急に山を見たくなった。それも、夕方4時過ぎになって、急に思い立ったのである。

山と行っても、歩くのは安全なトレッキングコースで、10km足らずの道を走れば到着する。明るいから1時間くらいは歩けるだろう。いくらなんでも1時間はちと軟弱すぎるが、エアコンを付けっぱなしの家にいるよりは、よっぽどいい。

さて、1時間ということは、30分で折り返さなくてはならない。しかし、ちょうどその折り返し地点にオトギリソウが佇んでいて、nancyが立ち止まるのを待っていた。

オトギリソウ・・・(弟切草) オトギリソウ科 Hypericum erectum

オトギリソウについては、湿地に咲くヒメオトギリソウでも書いたが、鷹を直す秘薬(オトギリソウ)を他人に漏らした弟を斬ったという伝説から弟切草と呼ばれるようになったという。ちょっと怖いゲームのタイトルにもなったので、名前は知っているという人は多いと思う。

残念ながら、開花している花はないのだが、つぼみや葉などに小さな黒い点々が見えるのがわかるだろうか。この点は、赤い色素を含んで黒く見えるのだが、この点こそが、弟を斬ったときにオトギリソウが浴びた血しぶきなのだと言う。

オトギリソウ
は一日花。つまり、昼間行けば花に会えるかも…と思い、今日はお天道様の高い真っ昼間に行ったのだが、めちゃくちゃ暑い思いをしたのに、まだつぼみのまんまだった。残念!

しかし、たとえ開花はしていなくとも、オトギリソウは、充分に自分を主張しているように思えた。

|

« オオカマキリの子ども | トップページ | オトギリソウに誘われて… ~アブラゼミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/5209068

この記事へのトラックバック一覧です: カマキリに誘われて… ~オトギリソウ~:

« オオカマキリの子ども | トップページ | オトギリソウに誘われて… ~アブラゼミ »