« ヌマトラノオ …湿地の植物 | トップページ | ガマ …湿地の植物 »

2005年7月22日 (金)

オカトラノオ

オカトラノオオカトラノオ・・・と思う花。

オカトラノオ・・・(岡虎の尾) サクラソウ科 オカトラノオ属 Lysimachia clethroides

めずらしくちょっと不安げである。なぜなら、花の感じを図鑑で見るとノジトラノオに似てるのだが、生育場所が違う。ここは湿地ではなく、隣の集落なのである。

ノジトラノオは湿地の花。ヌマトラノオ以上に絶滅を危惧されている花だ。つまり、住む世界が違う。・・・というわけで、ここはやっぱりオカトラノオかなぁ。と思う次第。

ちなみに、私有地なので、少し離れたところからの写真になってるのはご容赦願いたい。
もうひとつ、花の周りに長く見える葉っぱは、別の植物である。トラノオ属は双子葉類、つまり、赤ちゃんの時は「双葉(ふたば)」で、ススキのようなしゅっとした長い葉にはならない。

オカトラノオなぜオカトラノオかどうか悩んだかと言えば、尾のしなり具合である。図鑑などで見るオカトラノオは、どの写真を見ても、鞭のようなしなやかさを感じさせるように、先っぽがぴんと上がっている。なのに、この花はどれを見てもたれ~っとしているではないか。

・・・ここで、はっと気が付いた。この写真を撮ったのは、熱暑と言いたいほどの格別に暑い日であった。
そうか、いくらオカトラノオであっても、あの暑さの中では、そうそう尾の先を上げてはいられないのである。

そう思うと、はぁはぁと舌を出してのびている、虎の姿が見えてくるような気がした。

|

« ヌマトラノオ …湿地の植物 | トップページ | ガマ …湿地の植物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/5099488

この記事へのトラックバック一覧です: オカトラノオ:

« ヌマトラノオ …湿地の植物 | トップページ | ガマ …湿地の植物 »