« アキノウナギツカミ …湿地の植物 | トップページ | ヘビノボラズ …湿地の植物 »

2005年7月12日 (火)

ヘクソカズラ (屁糞葛)

ヘクソカズラじゃ~ん!ヘクソカズラである。
昨日のアキノウナギツカミに勝るとも劣らぬ、けったいなネーミングだ。
ただし、このヘクソカズラは、想像力だけで付けた名前とは言えない。というか、まさに、そのまんま!な名前なのである。

ヘクソカズラ・・・(屁糞葛) Paederia scandens  アカネ科 ヘクソカズラ属

どこがヘクソ(屁糞)なのかと言えば、その臭いである。…が、残念、いや、幸いにも、nancyはそのすさまじい?臭いをかいでいない。あぁ、よかった。(笑)

実際には、その「ヘクソなかほり」は、葉や花などをもんだりつぶしたりしなければ匂わず、この写真ではnancyもくっついて撮影したが、ついぞヘクソさは感じられなかった。

その名前ばかりが先行しているヘクソカズラであるが、実際はこんなにきれいなお花だ。花は1センチくらいの釣り鐘型で、白い花冠は5裂して、華やかなフリル状になっている。花の内側は紅紫色で、これがお灸の跡に似てるというので、別名ヤイトバナ(ヤイトはお灸の意)とも呼ばれるというが、どっちにしても、あまりいかさない名前である。

ヘクソカズラには、今回の湿地見学で、初めてお目に掛かったのであるが、実際には湿地というよりも、普通の草地に生える多年草だ。

万葉集の時代には、「クソカズラ」と詠まれ、その後「屁」まで付け加えられた、まさに歴史的な悪臭花、ヘクソカズラだが、果実は「しもやけの薬」として古くから珍重されてきた。
さしずめ、「良薬鼻に臭し」とでも言ったところだろうか。

|

« アキノウナギツカミ …湿地の植物 | トップページ | ヘビノボラズ …湿地の植物 »

コメント

「屁糞葛」・・・腸の病気の私にぴったりなお花ですわ!
もっとも「屁」が出るようになったら、
快方に向かっている証拠なので、
喜ぶべきことですが。
盲腸の術後も「屁」が出るかどうかが、
大事、なんですよね。
と言うわけで、
「屁」は大事です・・・という話でした。
失礼しました。

投稿: LNY | 2005年7月13日 (水) 06:54

さすがヘクソは食いつきがいい…どんなコメントかしら?
と思っていたら、あらら、切実な話でしたね。
手術以外でも、たとえば事故で体幹部骨折などの場合も、
ガスの出る出ないでお食事が決まりますよね。
はい、ヘクソはどちらも大切です。お大事に。

投稿: nancy | 2005年7月13日 (水) 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/4947203

この記事へのトラックバック一覧です: ヘクソカズラ (屁糞葛):

« アキノウナギツカミ …湿地の植物 | トップページ | ヘビノボラズ …湿地の植物 »