« Crypt Raider | トップページ | ノアザミの綿毛 »

2005年6月23日 (木)

サナエトンボ

komichi自転車にまたがり、少しだけ足を伸ばしたら、こんな小道を見つけた。
左は川。右は林。どこまでも続くかのような、細い道。

おそらく軽トラックしか走ったことがないのだろう。2本の轍(わだち)の跡を、娘と並んで走る。

ふと、行く手前方、それも小石だらけの道の上に、一匹のトンボが止まっているのを発見した。sanaetombo
サナエトンボだ。イネの苗がまだ若い頃に見られるトンボだから、早苗蜻蛉。サイズはシオカラトンボよりもずっと大きい。

行きも帰りも、砂利道にご執心で、なぜこんなことをしているのかと思ったら、サナエトンボは、平面に止まるのが好きなのだという。なるほどNetで探してみても、確かに平らな葉っぱの上なんかに居る写真が多い。

ふ~ん、トンボと言えば「竿の先」…と思ったら、大きな間違い。それは童謡「赤とんぼ」。
確かに、赤とんぼは細いところに止まるのが好きだけど、こうしてぺたっと地べたに止まるのが好きな、ジベタリアン・トンボもいるのだ。

やはり、何事も決めつけてはいけないようである。

※いつものように、同定には、昆虫エクスプローラ昆虫ブログの親サイト)の園長さんに、お願いしました。ありがとうございました。

|

« Crypt Raider | トップページ | ノアザミの綿毛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/4681079

この記事へのトラックバック一覧です: サナエトンボ:

« Crypt Raider | トップページ | ノアザミの綿毛 »