« アジサイとカマキリの赤ちゃん | トップページ | シモツケの花(BlogPet) »

2005年6月19日 (日)

クマバチの羽音

クマバチぶ~~ん!ものすごい羽音だ。それも、低く強く風を震わせ唸っている。
いったい…

先日行ってきた、国指定の湿地のすぐ際、ガマズミの花の回りで迫力満点なホバリングを披露してくれたのが、この虫だった。

どこかで見たような、もこもこの毛皮をまとったような姿。間に水路を挟んでいるのにもかかわらず、サイズもなかなかで、その羽音たるや、恐怖心を感じるほど。そして、写真でみると羽根がこんなに青い。いったい何の虫かなぁ?と、いつものように、昆虫ブログ むし探検広場の園長さんに同定をお願いしたところ、これはクマバチであるそうな…。

へぇ~、クマバチかぁ~~… 羽根が青いなんて知らなかった。もしかしたら、この青さは光の加減なのだろうか・・・
しかし、昭和20年代から守られてきた湿地に住む、どこか現実離れした森の精にも思え、どこか憧れにも似た気持ちの方が強かった。

クマバチは、身体も羽音も大きいので、なんだかすごく怖そうに見えるのだが、人を襲うことはない。ひたすら花の蜜を求めて華麗にホバリングしているクマバチ

熊蜂と言えば・・・当然の如く、nancyの頭の中では、あの超絶技巧な「熊蜂の飛行」が鳴り響いてきた。

う~ん、我ながらそのまんまだなぁ~…想像力の貧困さには、反省しきりである。

|

« アジサイとカマキリの赤ちゃん | トップページ | シモツケの花(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/4626714

この記事へのトラックバック一覧です: クマバチの羽音:

« アジサイとカマキリの赤ちゃん | トップページ | シモツケの花(BlogPet) »