« ツバメの知恵 | トップページ | クマバチの羽音 »

2005年6月18日 (土)

アジサイとカマキリの赤ちゃん

紫陽花の花いつものように、午後500mほど泳いだ後、なんとなく山に行きたくなった。

いや、実は「なんとなく…」ではなく、大変小さなあるお花に会いに行ったのだ。

その花の話はまたにするとして、山の麓では植栽された色とりどりのアジサイが咲いており、しばらく佇んで目を楽しませていた。

すぐ近くには沼があり、実にたくさんの虫たちが住んでいる。
今日最初にお目に掛かったのが、赤ちゃんカマキリだった。
あ、その前に、黒いトンボを追いかけていたのだが、娘の「わぁ!カマキリの赤ちゃん!」の声には、心奪われてしまった。
カマキリの赤ちゃん
nancyはアマガエルも好きだが、カマキリも大好き。今年は庭でカマキリの卵が見つからず、とてもさみしい思いをしていたから、うれしさも一塩である。

それも、アジサイの花の中。花びら(アジサイの花びら=萼であるが…)が、巨大に見える。
花にやってくる小さな虫を待っているのかな?
それとも、既に獲物を見つけていて、ご自慢の小さなカマでしとめるべく、狙いを定めているのかな?

自分の背後から、誰かがカメラを構えているなんて、知る由もないのか、知ったこっちゃ無いのか、じ~っと集中し続ける赤ちゃんカマキリ…それを見つめるおかしな人間たち。

…それは、ちょっと奇妙な瞬間だった。

|

« ツバメの知恵 | トップページ | クマバチの羽音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/4611684

この記事へのトラックバック一覧です: アジサイとカマキリの赤ちゃん:

« ツバメの知恵 | トップページ | クマバチの羽音 »