« 最近のミルク | トップページ | 白サギの親子~ 初めての定期テスト »

2005年5月18日 (水)

水とハラビロトンボ

ハラビロトンボのメス きれいな水のそばには、いろいろな植物が生えるし、虫たちも、カエルも、ヘビも、鳥たちも暮らしていける。
この場合のきれいな水とは、生きている水であって、水道水ではない。

nancyは、今のアマガエルが遊ぶ庭のある家に越す前、車で10分ほど、町に近いところに住んでいた。
ほんの10分の距離であるのにも関わらず、生態系は大きく違っていたように思う。

側溝には、ザリガニが住んでいたが、生活排水は垂れ流しだった。田んぼからはウシガエルの声は聞こえたが、可愛いアマガエルは居なかった。もちろん蛍も居なかった。

人間が暮らしながら自然を侵さないためには、それ相応の努力が必要だ。しかし、共存していこうという気持ちがあれば、できないことではないのかもしれない。この地に住んで10年を越すが、最近そう思うようになってきた。

池で、ハラビロトンボのメスが佇んでいた。

※ハラビロトンボの同定については、昆虫ブログ むし探検広場の園長さんにお世話になりました。いつも、ありがとうございます。

|

« 最近のミルク | トップページ | 白サギの親子~ 初めての定期テスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/4173596

この記事へのトラックバック一覧です: 水とハラビロトンボ:

« 最近のミルク | トップページ | 白サギの親子~ 初めての定期テスト »