« ヤブヘビイチゴの花 | トップページ | 奇っ怪な植物?・・・虫こぶ »

2005年5月27日 (金)

ムラサキツユクサ

オオムラサキツユクサ この時期になると見かける、ムラサキツユクサの花。

小さい頃から、ムラサキツユクサはずっと野の花だと思っていたが、我が家の野草図鑑には載っていず、園芸の図鑑で調べたら出ていたので、これは園芸種の花に分類されるのだろうか?

ムラサキツユクサ・・・(紫露草) ツユクサ科 Tradescantia ohiensis ※トラディスカンティアと言うと、nancyは観葉植物を思い出す。なるほど、どこから見ても馴染みの深い花のようだ。北アメリカ原産だが、日本の気候になじんだのだろう。
ちなみに、この写真の花は、ムラサキツユクサより葉も花も大きい、オオムラサキツユクサである。

nancyは小学生の時に、この花を絞った汁で絵を描いたのを覚えている。「ツユクサを持ってくるように」と先生に言われて、みな青いツユクサを持って行ったのだが、nancyだけがムラサキツユクサを持って行ったので、ちょっぴり誇らしげな気分だった。もちろん、絵を描くにはムラサキツユクサでないと、量的に無理だろう。

オオムラサキツユクサの花その他、花糸に付いている紫色の毛は、数珠玉状の1列細胞からなるそうな。…と言うわけで、細胞学の実験に使われたりと、大忙しのこの花には、誰しもきっと思い出があるはずだ。

これほど親しみの深い花であるけれど、こうしてじっくりと見てみると、3弁花であることも知らなかったように思う。
また、一日花なので、咲いても、ものの数時間でしぼんでしまう。よくぞまあ、そんな短い時間で、たくさんの人の心に存在を刻み込めるものだ。

ムラサキツユクサの花の色が溶け込む6月が、もうすぐやってくる。

 

|

« ヤブヘビイチゴの花 | トップページ | 奇っ怪な植物?・・・虫こぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムラサキツユクサ:

« ヤブヘビイチゴの花 | トップページ | 奇っ怪な植物?・・・虫こぶ »