« ユキノシタ ~兎のような… | トップページ | 久し振りの山 ~タニウツギ »

2005年5月22日 (日)

梅雨のよう… キショウブの花

kishoubu 今日は、市民緑地の記念式典に出席した。

nancyの居住区の話だが、せっかく自然が豊かな田舎でありながら、実は親子で自由に憩える緑地も無い。そこで、妙にに人間の手が入った後、放置されていた小山(と言ってもかなり広い)の片隅を、市民緑地として蘇らせようと言う試みである。

kishoubu02奥まで歩いたら、果たして水場(農業用水からの流れだろうか?)があり、小さな湿原になっていた。キショウブが、野生化して咲いていた。

キショウブはヨーロッパ原産で明治時代に渡来したが、順応性が高いようで、湿地やビオトープでは、おなじみの花になっている。

キショウブ・・・キショウブ(黄菖蒲)  アヤメ科 Iris pseudoacorus

今日は、しとしとと雨が降り続き、蒸し暑さまで加わって、まるで梅雨時のような陽気になったが、傘越しに見る黄色い花が、目に鮮やかだった。

|

« ユキノシタ ~兎のような… | トップページ | 久し振りの山 ~タニウツギ »

コメント

雨の中の記念式典、お疲れ様でした。
私は動員が解除されたので、
自宅でこの2ヶ月程取り組んでいる
「お片づけパズル」と
格闘していました。
お陰様で何とか「最後の一駒」がはまる目途が
立ちました。

また、昨日は我が家も田植えが終わり、
やれやれ、の一日でした。

緑は多い土地ですが、
どんな土地にも持ち主が居ますからね。
農家にとって土地は収入源(使うもの、道具)なので、
都会の人よりも管理は厳しいかも。
あの小山も元は自治会の持ち物で、
その昔、町内の人が「焚きつけ」を採る山だったそうです。
今はそのほとんどを都会の人たちが分割所有しているようです。

実はまだ市民緑地には足を踏み入れていません。
今度案内して下さい。
遭難するといけないので・・・・・

投稿: LNY | 2005年5月23日 (月) 04:57

ところが、市民緑地化した部分は、
遭難しそうなところではなく、外部4000m3弱のみです。
山まで整備するのは、到底不可能ではないでしょうか。
中には太い道が通ってるのにね。
もったいない。
市が買い上げることができれば、
一番いいのでしょうけどね。

投稿: nancy | 2005年5月23日 (月) 10:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/4240963

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨のよう… キショウブの花:

» いずれがアヤメか・・・ [なんとなくブログが・・・]
カミさんが入院していた病院の近くにあった公園で咲いてました。 [続きを読む]

受信: 2005年5月23日 (月) 01:22

« ユキノシタ ~兎のような… | トップページ | 久し振りの山 ~タニウツギ »