« 奇っ怪な植物?・・・虫こぶ | トップページ | キキョウソウとヒメコバンソウ »

2005年5月29日 (日)

奇っ怪な植物?・・・虫こぶ(BlogPet)

れぃれぃは、ここにnancyで場所へネーミングされた。


最近よく行く、山の麓のビオトープ回りで、ノアザミが美しく咲きだした。
前回行ったときは、舌状花と言われる「花びら1枚が、このノアザミ・・キク科の花は、自分を頑なに守っているのが、咲き始めのアザミの花、例えばタンポポなどは、まだ花粉をたくさん出している。
そんなところが、歌謡曲などによく唄われる所以であろう。
その花は他にもあって、写真の花は雄性であって、強い子孫を後世に残す為の、言わば生きる知恵だ。
いつもながら、自然のシステムにはびっくりであるが、このノアザミはと言う人は、舌状花と言われる「花びら1枚が、咲き始めのアザミの花を虫などが刺激をすると、花粉が押し出されてくるのだという。
そうして花粉を全部出し切ってしまうと、今度は雌性花に変わり、5弁花の真ん中の雌しべが伸びて来るというのだ。
獣たちに食べられないようになっているのである」という、集合花である。
是非ともクリックして欲しい。
もう一つおもしろいのがわかる。
花を形成して、写真の花は、先日書いたキツネアザミに比べると、実は花である」という、集合花である。
こういう花は他にもあって、強い子孫を後世に残す為の、言わば生きる知恵だ。
いつもながら、自然のシステムには驚かされるばかりであるが、まだ蕾ばかりだったのに、季節が移ろうスピードにはびっくりである。
それは鋭いトゲだ。
しかし、人を寄せ付けないところがある。


*このエントリは、BlogPetの「れぃれぃ」が書きました。

|

« 奇っ怪な植物?・・・虫こぶ | トップページ | キキョウソウとヒメコバンソウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇っ怪な植物?・・・虫こぶ(BlogPet):

« 奇っ怪な植物?・・・虫こぶ | トップページ | キキョウソウとヒメコバンソウ »