« 丸いちゃぶ台 | トップページ | スズメノテッポウ(雀の鉄砲) »

2005年4月13日 (水)

たらの芽3つ

nancy夫が、ビニール袋をポンと出し、「たらの芽、穫ってきたぞ!」と言う。
やったぁ。山のたらの芽が食べられる!

たらの芽の天ぷらは、春になると食べたくなるものの一つだ。この春も、食べるのは2度目になる。しかし、今回はちょっと違う。なんて言っても天然物だ。スーパーのパックに入ったたらの芽とは、香りが違う。売られているたらの芽は人工的に栽培されたもので、ずいぶん早くから出回っていた。

自然の中のたらの芽は、そうそう早くは芽吹いてくれない。ところが、おいしい加減に育つと、誰かに穫られてしまう。何事も達人が居るものだ。というわけで、めちゃくちゃ簡単に手に入るものでもないらしい。
・・・と、いそいそと天ぷらの用意をして、たらの芽の入ったビニール袋を開けた。
あら・・・・・・・
taranome-s たった3つ・・・?
あれぇ、3つかぁ。一人割り当て1つきりの、貴重な緑のダイヤモンドである。
よし、それじゃ…と、庭に出てきたアスパラガスも揚げるべく、折られてくる。

それにしても、たった3つのたらの芽なのに、存在感がちがう。揚げたての天ぷらから、高貴とも思える香りが漂ってきた。
娘は、「おいしい!」と、思わず頬張った。

たらの芽3つでは、さすがにおかずにならないので、他には山芋も揚げようか、taranome-tenpra-s プリプリの小エビがあるはず…と揚げだしたが、揚げてるハナから、どんどん食べられてしまう。
中学生の胃袋恐るべしである。

しまいには、1人1つの貴重なたらの芽まで、nancy夫からちゃっかりとせしめて、(…もちろんnancyの分は、ちゃんと確保されていたのは言うまでもないが…。よしよし…)

そして、挙げ句の果てが、「ああ、お腹が苦しい~!」

こらこら・・・ ちゃんとじっくり春を味わってよね~!

|

« 丸いちゃぶ台 | トップページ | スズメノテッポウ(雀の鉄砲) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/3691924

この記事へのトラックバック一覧です: たらの芽3つ:

« 丸いちゃぶ台 | トップページ | スズメノテッポウ(雀の鉄砲) »