« ナズナの花 | トップページ | 行きつ戻りつ… »

2005年3月 6日 (日)

ピンク色のアセビ

クリスマス・チア-全国的に荒れ模様だった昨日とは打って変わって、今日の日中は、なんとも春らしい一日になった。
午後には恒例のサイクリングに繰り出したが、わざと手袋を外して春の感触を楽しんだ。

少し走ったところで、思わぬ素敵な花に出会った。
すずらんのような、ピンク色のベルがたくさんぶら下がった姿が実に可愛らしい。これは早咲きのアセビである。

アセビ・・・ Pieris japonica ツツジ科
アシビともいい、「馬酔木」と書く。
この可愛らしさとは裏腹に、この木には神経毒があり、馬が食べると酔ったようになることから、この名が付いたという。といって、触ったりする分にはまったく心配ないので、怖がりすぎなくてもいい。この程度の毒を持つ木は、山ほどあるのだから。

ちなみに奈良公園にはたくさんのアセビが植えられているらしい。なぜなら、鹿たちは緑を植樹してもぺろりと食べてしまうのだが、毒のあるアセビは本能的に食べないからである。

毒があろうがなかろうが、アセビは大変愛されている花木なのに間違いがなく、「Japanese Andromeda 日本のアンドロメダ(銀河といった感じか?)」という大変美しい英名を持つ。

写真の花の品種は、‘Christmas Cheer’(クリスマスの喝采)といい、これまた実に華やかなネーミングだ。

|

« ナズナの花 | トップページ | 行きつ戻りつ… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピンク色のアセビ:

« ナズナの花 | トップページ | 行きつ戻りつ… »