« ブログのおともに… | トップページ | My Google! »

2005年2月11日 (金)

ユリオプス・デージー

ユリオプス・デージーの花つかの間の暖かさも数日か、夕方から冷たい風が吹いて、気温も下がってきた。またまた冬の女神が復活してきたのだろうか。当分はせめぎ合いが続く。

さて、寒い冬のさなかに元気に咲いてくれる花がある。ユリオプス・デージー(キク科 Euryops pectinatus)も、その一つだが、その鮮やかな黄色は、まさに暖かな春を思わせてくれる。
写真の花は、ちょうど山から下りたところに植えられていた、草丈1mほどもある立派な株だ。今は花数こそ少ないが、それでも遠くからぽっと黄色く光っているのが見えた。いったいいつから咲いているのだろうか。

ユリオプス・デージーの銀色のつぼみ
葉やつぼみは、柔らかな毛に覆われていて、銀色に見える。南アフリカ原産と言うが、日本の冬に見事に適応している姿は天晴れだ。

|

« ブログのおともに… | トップページ | My Google! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユリオプス・デージー:

« ブログのおともに… | トップページ | My Google! »