« フユイチゴ | トップページ | Blog Pet こうさぎ「れぃれぃ」参上! »

2004年12月21日 (火)

愛犬ミルクの話

砂風呂のミルクミルクは実に珍しい犬だ。犬種はパピヨンだが、これは昨今ではまったく珍しくない。いったい何が珍しいかというと、その性格である。ミルクが怒るのを、私はいまだかつて見たことがない。正確に言うと、「怒ることを知らない」のである。誰に対しても穏やかに興味を持ち、静かに愛想を振りに行く。相手が見知らぬ幼児でも変わらない。大抵の犬が幼児を嫌うのに、なんともおもしろい性格だ思う。山で歩いているときも、通りがかる人に「可愛い~♪」などと言われようものなら、トコトコと後を追って行こうとしたりもする。(笑)
彼女は、人を疑うことを知らないのだ。ちなみに、相手が犬なら怒ることもあるらしい。ただし、これもしつこくされた時に限る。この性格は、まさに生まれつきのものだろう。
nancyは長年パピヨン専門のショードッグのブリーダーをしていたので、nancy家にはパピヨンがたくさんいる。そんな中でもミルクの性格はずば抜けている。逆に、展覧会には適さないだろう。性格の良さが災いしてしまうのである。
娘がパピヨンたちと遊びたがるのを見て、私は「ミルク」を、彼女の友だちに選んだ。思った通り、ミルクは本当におとなしく、おまけに抱かれるのが非常にうまい。天性の「セラピー・ドッグ」であり、力を抜いてくたっと抱かれるので、実に抱き心地が良い。娘が何をしても、されるがままだ。お腹を上にした「赤ちゃん抱っこ」をされても、顔をくちゃくちゃにされても、じ~っとしているのには感心する。この写真は、「砂風呂~♪」と言う娘に、いいように遊ばれているところ。

|

« フユイチゴ | トップページ | Blog Pet こうさぎ「れぃれぃ」参上! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15412/2333927

この記事へのトラックバック一覧です: 愛犬ミルクの話:

« フユイチゴ | トップページ | Blog Pet こうさぎ「れぃれぃ」参上! »